【進撃の巨人】106話のネタバレで「秘策」の謎に迫る!

スポンサーリンク

進撃の巨人106話のネタバレと考察です。

前話では、エルディアの勝利に湧く中、サシャがガビによって撃たれ死亡してしまう衝撃的展開でした。

 

マーレの市街戦は、エレンの独断であったことが判明しました。

エレンの激情的な性格は、ファンであればすでに知っていることではありますが、味方であるハンジから諌められることを通り越して、「信頼を失った」と言われてしまう展開には、悲しい気持ちもありました。

また、勝利に湧いている中でも、ジャンやアルミン、ミカサなどは複雑な胸中を抱えている描写もあり、エルディア勢の中でも、気持ちがそれぞれの方向を向いているのだという不安要素も匂わせられていましたね。

 

そして、ジークが実はマーレを裏切っていたことも分かった前話。

どうしてこのような展開になったのか、それは島へ戻って明かされるというところで前回は終わっていました。

進撃の巨人106話のネタバレのポイントをサクッと知りたいあなたはこちらからどうぞ。

スポンサーリンク

進撃の巨人106話のネタバレの要点まとめ

進撃の巨人106話のネタバレ要点をまとめてみました。

 

3年前のあの日から

勝利したとは言え、サシャの死亡は大打撃です。

さぞ暗い雰囲気での帰還になるかと思いきや、場面は3年前のエルディア潜入時の話から始まりました。

「「悪魔の島」の実態を何としてでも持ち帰る」と意気込むマーレ軍。

しかし、彼らが乗っている船は、海中から巨人になったエレンによって持ち上げられ、捕獲されてしまいます。

 

向かえるのはハンジとリヴァイ。

ハンジのどこか胡散臭く騒々しい口上、なんだか懐かしいですね。

すでに潜入していたマーレ兵のニコロは捕られており、人質となっています。

 

友好的であることをアピールしようとするハンジですが、ニコロはブレードを突きつけられている中でも、「自分に構わずこの悪魔共を撃ってください」と叫びます。

それを受けて、マーレ軍もエルディア人を「穢れた血」と罵り、「屈することはないのだ」と罵倒を返しました。

 

ハンジが運ぼうとしていた友好的な流れは断ち切られてしまったという判断で、「後ろの巨人が見えないのかな~!?」と、力のアピールをし始めました。

対するマーレ軍もそれに抵抗する意思として、銃口を向けました。

 

その時、ハンジを撃ったはずのマーレ軍が、同マーレ軍のイェレナによって銃殺されたのです。

前話、ジークの側近として登場したイェレナについて、ここで漸くその詳しい正体も語られるということでしょうか。

動揺するマーレ軍に対して、イェレナは武器と捨てて投降するよう指示します。

その予想外の行動に驚きを隠せないハンジ達。

「ハンジさん。お招きいただき光栄です」
「お茶しましょう」

諌山創:「進撃の巨人」106話より引用

 

イェレナは冷静に、笑みを浮かべながらハンジへと語り掛けます。

そして、「会いたかったよエレン…」とエレンに視線を向けて呟きました。

 

義勇兵の狙いとは?

テントで会合が開かれている中、少し離れたところからリヴァイ班の面々が様子をうかがっています。

「一体何が目的なんだ」と言うジャンの横では、サシャがあくびをしています。

すでに死亡が分かっているとは言え、サシャのこうしたのんびりとした姿はまた見られるのはファンとして嬉しいものがあります。

 

「話しあうことができて、情報が手に入るなんて、とてつもない幸福だよ」

諌山創:「進撃の巨人」106話より引用

そう言うアルミン。

3年後に起こる市街戦への展開を知ってしまうと、このアルミンの言葉には彼の願いも込められているのではないかと思えて少し悲しくも感じられます。

 

そしてエレン。

「マーレが本腰を入れれば敵の規模はこんなもんじゃすまねぇ…何とかしねぇと…」

諌山創:「進撃の巨人」106話より引用

 

この言葉にも、後のエレンの単独行動に繋がる感情が隠れているのだと思えてきますよね。

一方、テント内では、テーブルを囲むハンジ、リヴァイ、イェレナとオニャンコポン。

その話題の中心は、島ではまだ未知であるマーレの技術についてです。

 

イェレナは、マーレの技術、そして兵力について詳細を淀みなくハンジとリヴァイへと伝えています。

マーレの兵力の高さに動揺するハンジですが、さらに「航空戦力」という初めて聞く分野に大声を出します。

 

しかし、「そんな兵力を持ちながらなぜパラディ島へ攻めてこなかったのか」という疑問を持ったハンジ。

イェレナは、その理由は二つあると答えました。

 

一つ目は、パラディ島に放った「無垢の巨人」が最新鋭の兵器を持ってしてもいまだ上陸困難な障害であること。

そして、マーレがエルディア人を壁の中に幽閉するための役割だったが、逆にマーレの進軍からエルディアを守る存在となっていること。

「間もなく夜が明け、巨人が活動する頃だが、自分達がこうして壁の外でのんびりお茶が出来ているということは島の巨人をすべて殺したということなのか」とイェレナが問います。

リヴァイはそれに対して、「だったらどうする?何とかしてマーレに伝えるか?」と明言は避けましたが、イェレナは「素晴らしい、期待以上だ」と感銘の表情で答えました。

 

そして、二つ目の理由です。

「敵の多いマーレが連合国複数の国と戦争状態に突入したから」というものでした。

「「鎧の巨人」「獣の巨人」が打ち負かされ、さらには「超大型巨人」と「女型の巨人」というマーレの主力兵器をパラディ島によって奪われた。その事実に、諸外国は瞬く間に団結し戦争の火蓋が切って落とされた」ということだそうです。

 

その話を聞いたハンジは、「イェレナやオニャンコポンはマーレに恨みを持つ亡国の民であり、マーレ軍に潜入する諜報員のようなものなのか」と尋ねました。

しかし、イェレナは、「自分たちにはとてもじゃないがそんな力は無いのだ」と答えます。

「マーレに故郷を奪われ兵士として徴用された自分達は、大国に抗う気概を失いつつある状態であったのだ」と。

 

そんな中でマーレや世界に悪魔と呼ばれ恐れられている巨人が、イェレナ達にはまったく別の物に見えた。

「無力な自分達に希望を見せてくれた神だ」と言います。

諌山創:「進撃の巨人」106話より引用

そして、「自分達は、ジーク・イェーガーの命を受け上官を撃った反マーレ派義勇軍で、目的はエルディア人の解放だ」と告げました。

 

地鳴らしの発動条件とは?

場面は移り、会議場となります。

ハンジからイェレナの話、そして、ジークの要求が伝えられます。

ジークに残された時間以内に自分をパラディ島に受け入れ、「始祖の巨人」を有する腹違いの弟エレンに引き合わせること。

そして、そのための条件として、パラディ島の安全の保障、武器を始めとする最新技術の提供、存在するとされる友好国との橋渡し、マーレに対する情報工作等の支援をするとのこと。

 

「これらは生存が危ぶまれるエルディア人の救済を目的としたものだ」と言うジークの目的は、「彼が「獣の巨人」であるということで議会では「論外」である」との声が出ます。

しかし、「ハンジはエルディア人の問題を一挙に解決する秘策がある」と続けます。

 

「秘策」の条件とは?

「秘策」を行う王権として必要なものは、「始祖の巨人」と「王家の血を引く巨人」の2つが揃うこと。

しかし、その「秘策」を明かすことができるのは、それらの条件が揃ってから。

詳細を明かされない「秘策」に、議会は再び、ざわつきます。

 

その時、エレンが立ち上がり、ジークの言葉が本当であることを伝えます。

かつて一度だけ、エレンが「始祖の巨人」の力を発動できたのは、「王家の血を引く巨人」であるダイナ・フリッツに接触した瞬間でした。

「偶然にも無垢の巨人として彷徨うダイナ・フリッツと接触したことで、窮地を脱することができたのだ」と説明するエレン。

つまり、「ダイナの息子であるジークはエルディア人に残された唯一の希望である、「不戦の契り」を出し抜く術である壁に潜む幾千万もの巨人で世界を踏み潰す「地鳴らし」の発動条件を解明したのだろう」とエレンは続けました。

諌山創:「進撃の巨人」106話より引用

 

リヴァイは、「なぜ今までこのこと黙っていたのか」とエレンに問います。

その理由として、エレンはヒストリアの身を案じたということを理由に出しました。

「自分の不確かな情報で巨人にさせるわけにはいかない」という理由には久々にエレンの同期への愛情が見えて嬉しくなりました。

 

いろんな奴がいた方が面白い

この3年前、アルミンは「この頃は楽しかった」と回想します。

自分達エルディア人は世界から恐れられ、憎まれている。

しかし、海の向こうにいる人たちは敵だけではなかった。

 

オニャンコポンから港の必要性を伝えられたリヴァイ班の面々。

しかし、港という認識がない104期メンバーが、相変わらずのズレたやり取りを繰り出します。

「あぁ…「みなと」ね。子供達が喜ぶな」
「道具じゃねぇよ。混浴風呂もちゃんと造るんだろうな?」
「温泉じゃありませんよエロガッパ。これは美味しそうなモノですよね?」

諌山創:「進撃の巨人」106話より引用

 

こういうやり取りは、これからはどんどん減っていってしまうのかと思うと、初期からずっと彼らのやり取りでシリアスな展開の中救われた気持ちになっていた筆者としては、なんとも複雑な気持ちになります。

さて、港についてです。

さすがというべきか、ハンジが一早く港の重要性を理解します。

オニャンコポンも「港は世界と繋がる場所なのだ」とハンジの理解力を褒めながら言います。

 

そこでサシャが、いささか話の流れを無視しつつも「オニャンコポンは何で肌が黒いのですか?」と質問します。

人種が違う人に対しての肌について触れるのは、例えば私達の世間ではあまり褒められたことではありませんよね。

ただ、「進撃の巨人」という作品の世界では、まだ「人種」という概念も新しいもの。

だからこそ、サシャの質問には意味があるのだと思います。

 

「自分達を創った奴はこう考えた。いろんな奴がいた方が面白いってな」
「巨人になる人間「ユミルの民」も同じさ。俺達は皆求められたから存在する」

諌山創:「進撃の巨人」106話より引用

 

これは、私達の世界にも当てはめられることではないでしょうか。

「誰もいらない人間などいない」というオニャンコポンの言葉は凄惨な展開が多い中で、心が晴れるような気分にさせてくれました。

 

世界には知らないことばかり

今回は104期の面々のやり取りが多くて、筆者的にはとても嬉しい回でした。

イェレナやオニャンコポンから世界のことを教わる調査兵団。

産まれて初めて海の幸の料理を食べた彼らは、捕虜兵になっているニコロの手料理を食べて感激します。

諌山創:「進撃の巨人」106話より引用

 

サシャは海老にかぶりつき、涙を流してニコロを「天才」と言います。

エルディア人に対して敵対心を露わにしていたニコロですが、サシャのこの態度に頬を赤らめまんざらでもない様子です。

他のマーレ軍とも、時間とかけて少しずつ打ち解けていく様子が描写されます。

 

「時間をかけて肩書を抜きにして人間同士向き合えば…きっと分かり合える」

諌山創:「進撃の巨人」106話より引用

アルミンは穏やかな表情で言います。

しかし、エレンはそんなアルミンに素っ気なく、「ベルトルトの記憶を見たのか」と急かすようなことのみを質問します。

 

イェレナ達の作戦通りに進めることへの不安を吐露するアルミン。

「「地鳴らし」で世界を脅すことでしかエルディア人を守る方法はないのかな?」
「そうなる前に話し合えないのかな?」
「港ができたらマーレや世界中の人と話し合って、誤解を解けば…」

諌山創:「進撃の巨人」106話より引用

 

アルミンの思いを、しかし、エレンはやはり素っ気なく突き放します。

「世界から見ればオレ達は巨人に化ける怪物だ。そこに誤解は無いだろ?」

諌山創:「進撃の巨人」106話より引用

 

そう言い切るエレンに、ミカサが「仲良くなれたマーレ人もいる」と反論します。

エレンは「殆どのマーレ人は収容所の壁を睨み付けている」という返答です。

前話までのエレンとミカサ、アルミンの擦れ違いは、この時にはすでに始まっていたのでしょう。

 

世界との和解を望むアルミン、ミカサもおそらくはアルミンの意見寄りなのではないでしょうか。

二人が「時間をかければいつか…」という思いを語る中、エレンだけは、「時間を稼ぐためには、手出しできねぇようにしてやるんだ…」と答えるのです。

 

すれ違う幼馴染の心情

「もしかしたら別の道があったんじゃないかって…そればかり考えてしまう」、回想から戻り、現在に場面が映った途端のサシャの死に顔がショッキングです。

アルミンは貝殻を手に持ちながら、座り込んで独白をしていました。

「誰よりもエレンを理解しているつもりだった…ミカサよりも…」

「…でも、もう…わからない」

諌山創:「進撃の巨人」106話より引用

 

その貝殻は、子供の頃憧れた「海」に初めて辿り着いた時の記念品なのでしょうか。

もしそうだとしたら、「それを持ったままエレンのことが理解できなくなった」と呟くことは何とも悲しいとは思いませんか。

海へ行くことは、幼い頃にエレンとした約束でもあります。

もはや、二人の気持ちは完全にすれ違っているということを表す演出ではないことを願うばかりです。

 

「エレンは一人でもやるつもりだった。エレンに協力しても見放しても、最悪の選択肢になっただろう」とアルミンは独白を続けます。

突然自分達の全てを奪ったあの日のように、自分達もまた大勢の人を殺した。

けれど、あの軍港が健在だったらすぐさまマーレ軍はパラディ島に報復攻撃をしただろうし、和睦の道は絶たれたがやるしかなかった。

「あの日の君達のように…」

諌山創:「進撃の巨人」106話より引用

 

アルミンが見上げる先には、結晶化したアニの姿。

アルミンにとって、アニの存在は幼馴染や同期とはまた違った特別なものなのでしょうか。

街中は戦勝の知らせに沸いています。

 

馬車の中でまだわだかまりのあるやり取りをするリヴァイとジーク。

収容され、ぽつんと座り込むガビとファルコ。

墓石に寄り掛かり、「勝てなきゃ死ぬ。勝てば生きる」と呟くミカサ。

 

「戦わなければ勝てない」

「戦え」

「戦え」

諌山創:「進撃の巨人」106話より引用

鏡の前で、髪を括り上げ暗示をかけるように自身に言い聞かせるエレン。

それぞれの生死感が描かれたところで、次号へ続きます。

「そしてそれぞれの決して交わらぬ道を進み始める」という煽り文字も、今後の展開に胃を痛めているファンには無視できないものです。

スポンサーリンク

進撃の巨人106話のネタバレの考察

エレン、ミカサ、アルミンの三人は幼馴染として、どんな時でも互いを信じて守り合ってきた仲です。

その絆の強さは揺るぎないものだと思っていた読者も多いと思いますが、ここしばらくはエレンと他二人の考えの擦れ違いが目立っています。

今回も、敵を脅すこと以外の解決策を探すアルミンとミカサに対して、エレンだけは「敵は敵なのだ」と言い切るようなシーンがありました。

 

そして、ついにアルミンは「エレンのことが理解できない」という発言までしています。

本人に直接言っているわけではないにせよ、直情的なエレンをアルミンが理性的にフォローしてこそ成り立ってきた作戦も多くあるはずです。

エレンにはエレンの正義があるとは思いたいのですが、三人がもっとじっくりと話し合うことがないとこのまま擦れ違いが原因で仲間割れが起こってしまいそうで不安です。

果たして、すれ違う気持ちの行方は?

スポンサーリンク

まとめ

市街戦からさかのぼって3年前の話から始まりました。

ジークの命を受けて諜報員となっていた、イェレナとオニャンコポンがマーレ軍を撃ってハンジへ友好を示します。

 

彼女達は、反マーレの義勇兵でした。

義勇兵と調査兵団の面々は、協力しながら信頼関係を深めていきます。

 

そして、議会ではジークの目的である「地鳴らし」がエルディア人救済になるのだという議題が出ます。

秘策でもある「地鳴らし」はエルディア人を救済する代わりに、世界を脅して恐怖に陥れる策です。

 

アルミンは、「それ以外にも何か方法があるのでは」と悩みます。

しかし、エレンは、「マーレにとって自分達は怪物であることに誤解は無く、手出しさせないようにする必要があるのだ」と言い放ちます。

 

アルミンは、結晶化したアニの前で「エレンのことが理解できなくなった」と呟きます。

今までの展開から、エレンが仲間達とその思想が大きく異なってきていることは描かれていましたが、アルミンの台詞により、今度別の道を歩んでいく可能性も高くなってきました。

エレンだけが、過去の記憶を持っていることが原因だとも思いますが、少なくとも今のように話し合いをせずにいれば仲間内でも意見の相違から争いになってしまうのでは、という不安があります。

 

次号は再び、現在での話が進むと思いますが、秘策に向かって果たしてどのような動きをそれぞれがするのか。

その動きや心情に注目したいです。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。