【進撃の巨人】巨人の正体が人間と判明したところで改めて情報をまとめる

スポンサーリンク

アニメ進撃の巨人Season2が最終回を迎え、ずっと謎となっていた「巨人の正体」がついに判明しました。

人類の脅威として登場してきた巨人の正体については、いくつもの予想がありましたが、「巨人の正体が人間」と判明したところであらためて情報をまとめてみました。

スポンサーリンク

巨人の正体は人間

今回アニメ進撃の巨人 Season2の最終回で、コニー・スプリンガーがエルヴィン・スミス団長の病室で、自分の母が巨人の顔にそっくりであったことを報告し、「巨人の正体は人間である」ということが明らかになりました。

ハンジ
「巨人は人間であったのかも・・・」
リヴァイ兵長
「じゃあ、なにか、俺は人間を今まで殺していたのか?」
~アニメ進撃の巨人Season2最終回~

 

人類の脅威として描かれる巨人!

その「巨人の正体」が判明しましたが、その詳しい正体に迫る前に、あらためて「巨人の特徴と巨人に関する情報」をまとめてみました。

スポンサーリンク

巨人の特徴

 

人間だけを食べる習性をもつ

巨人がもつ習性の特質としては、「人間のみを捕食する」ことです。

巨人は、他の食料はもちろんのこと、水すらなくても生きることができます。

また、消化器官がなく、空腹を満たすために人間を捕食しているわけではないことがわかっています。

 

瞬時に再生力をもつ

巨人のもう1つの特質としては、どれだけ体を損傷してもすぐに再生してしまうほど驚異的な再生力をもっている点です。

大砲で頭を撃ち落としたとしてもすぐに再生してしまうため、人類が巨人1体を討伐するには、相当な苦戦を強いられます。

 

唯一の弱点は「うなじ」

その巨人の唯一の弱点である「うなじ」を狙うためには、立体機動装置を駆使した攻撃しかありません。

そのため、立体機動装置を扱える優秀な兵士でしか巨人を討伐することができません。

「うなじ」を損傷した巨人は、再生することはできずに絶命します。

 

個体差が大きい

巨人の大きさは、その個体によって差があります。

15m級のかなりの大きさを誇る巨人もいれば、3m級の比較的小さい巨人もいます。

巨人の個体差は大きく、バラつきがあります。

 

巨人のタイプは2タイプ

巨人には、通常種と奇行種の2つのタイプの巨人が存在します。

「近くの人間を襲おうとする」規則的な行動パターンをもつ通常種の巨人に対して、奇行種のタイプの巨人は、決まった行動パターンをもっていないという特徴があります。

奇行種は行動の予測ができない分、通常種よりも討伐が難しくなります

調査兵団は、通常種の巨人との戦闘を避けるため、「長距離索敵陣形」という隊列を組みますが、奇行種の巨人の場合は動きが不規則であるため、その隊列では戦闘を避けることができません。

スポンサーリンク

巨人の起源

大地の悪魔と契約を交わしたユミル・フリッツは「始祖の巨人」の能力を手に入れます。

ユミル・フリッツは、エルディア国の繁栄のために、始祖の巨人の力を使いましたが、ユミル・フリッツ死後、その力は九つの巨人に分かれていきます。

エルディア人はその巨人の圧倒的な力で他国を侵略し、他の民族を弾圧していきました。

 

「九つの巨人」の圧倒的な力をもったエルディア国は、やがて大陸を支配していきます。

しかし、エルディア国は「九つの巨人」のうち7体を敵国のマーレに奪われてしまいます。

巨人を奪われたエルディア国は、体制崩壊しつつも「始祖の巨人」の力で、マーレとの均衡を保っていました。

しかし、145代目フリッツ王が「始祖の巨人」の力を手にしたとき、マーレとの戦いを放棄し、一部のエルディア人とともに、パラディ島に「壁」を築き、壁内でエルディア人の楽園を作っていったのです。

スポンサーリンク

巨人になれるのエルディア人のみ

巨人の正体が人間であることが判明しました。

人間に巨人の脊髄液を投与することにより、人間は巨人へと姿を変えるのです!

ただし、骨髄液を投与したとしても、すべての人類が巨人化するわけではありません。

巨人化するのは、エレンたちのようなエルディア人のみです。

 

エルディア人は、壁内だけではなく、敵国マーレの「収容区」にも在籍しています。

壁外にいる巨人もエルディア人が巨人化したものです。

グリシャ・イェーガーの妻であるダイナ・フリッツも、マーレの「収容区」にいたエルディア人で、エルディア復権活動がジークに密告されたことで、巨人に変えられてしまいました。

 

巨人化した人間は、記憶をなくし、「無知性の巨人」となって、あてもなくひたすら彷徨い続けることとなります。

 

人間に戻る唯一の方法は「九つの巨人」を受け継いだ人間を捕食すること。

たまたま「九つの巨人」の力を継承した人間(マルセル)を捕食したユミルは、無知性の巨人から人間に戻ることができました。

 

ユミルは、人間に戻るまで約60年もの間、無垢の巨人となって島内を彷徨い続けたのです。

その時のことをユミルはこう語っています。

まるで終わらない悪夢を見ているようだった ~ユミル~

スポンサーリンク

まとめ

巨人についてまとめると・・・・、

  • 巨人の正体は人間であり、エルディア人ということ
  • 巨人の骨髄液を投与されることで、巨人化するということ
  • 巨人化した人間は記憶を失い、彷徨い続けること
  • 巨人が人間に戻るには「九つの巨人」を受け継いだ人間を捕食すること

「進撃の巨人」の設定は少々難しいので、「巨人の正体が人間である」と判明したところであらためて情報を整理しておくと、今後の展開がわかりやすくなるでしょう。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。