【進撃の巨人】107話のネタバレでヒストリアが妊娠してることが明らかに

スポンサーリンク

進撃の巨人107話のネタバレと考察です。

 

前話では、ガビに撃たれて死亡したサシャの埋葬を背景に、それぞれの思惑がすれ違う展開で続きました。

エレンと幼馴染であり、誰よりもエレンを理解したはずのアルミンが、いよいよエレンのことが分からなくなった、と結晶の中にいるアニに向かって独白。

過去の描写で、マーレ人との交流も描かれており、「戦う以外の道は無いのか」と問うアルミンでしたが、エレンは「敵は敵であり向こうにすれば自分たちは化け物でしかない」と、歩み寄る気配もありませんでした。

市街戦直後の飛行船の中でもそうだったように、誰しもが争う事に前向きではないこと、またその理由が各々であることが描かれていました。

 

同志であったはずの彼らがすれ違い、道を違えてしまうのか?そんな不安を抱かせるような各キャラクターの想いの中、エレンはハンジやリヴァイに非難された後も変わらず戦う意思を声にして呟く。

そんなところで、前回は次回に続きました。

進撃の巨人107話のネタバレのポイントをサクッと知りたいあなたはこちらからどうぞ!

スポンサーリンク

進撃の巨人107話のネタバレの要点まとめ

場面は前回の続きからでした。鏡に向かって「戦え」と呟いたエレンを見ていたハンジ。

何故鏡に向かってなのか。そして、何故二回も「戦え」と繰り返したのかとエレンに問いますが、返事はありません。

そこで少し矛先を変えたのか、「その髪型かっこいいと思うよ私は!」と無造作に後ろにまとめられているエレンの髪型を褒めます。こういう台詞選びは、ハンジらしくて、シリアスな展開の中でも何だか少し安心してしまいます。

するとエレンは、ようやく「何しに来たんですか」と視線こそ合わせませんでしたが、ハンジに反応をしました。

ハンジはエレンと話をしに来たのだと伝えました。

エレンがヒストリアを犠牲にすることは無いと、二年前の港で行った歓迎式の日に確信していたのだと。

 

歓迎式の日に・・

ここで、場面は二年前の歓迎式の回想になります。

「港」という概念がなかったことは、前回で明らかになりました。

そんなパラディ島に初めて出来た港には、初めて外国からの要人が訪れます。

 

パラディ島にとって唯一の友好国となるヒィズル国。

その特使としてキヨミ・アズマビトという女性が登場しました。

外見からの明らかなのが、彼女が東洋人であるということ。

 

他国と歴史的に強い結びつきを持っているため、一国の外交に多大な影響力を持つ。

「その一族の頭首なのだ」とイェレナが説明している中、ミカサはキヨミの外見が自分の母に似ていることに驚きの表情を浮かべます。

イェレナは、そんなミカサに「君の血縁者に当たる方だよ」と耳打ちをしました。

 

キヨミ・アズマビトがミカサに見せたのは、三本の刀が組み合わされた三角形の家紋。

「これに見覚えがないのか」と問われ、戸惑うミカサ。

エレンはその家紋を知っていたようで、ミカサに入れ墨を見せるように言いますが、ミカサは「お母さんに秘密にしろって…」と困惑した様子です。

 

「子供の頃オレには見せただろ?」

諫山創:「進撃の巨人」107話より引用

秘密だったはずなのに、エレンには明かしていたところがさすがミカサですね。

その言葉に、気まずそうに腕の包帯を解き、ミカサは入れ墨をキヨミ・アズマビトに見せました。

 

諫山創:「進撃の巨人」107話より引用

「この印は死んだ母の一族が受け継いできたもので、自分の子に託すように言われてきたのだ」と言うミカサに、キヨミ・アズマビトは「なんとけなげなことでしょうか」とミカサに歩み寄りました。

 

そして、ヒィズル国の歴史を語り出します。

100年以上前、ヒィズル国はエルディア帝国の同盟国だったそうです。

アズマビト家の御祖にあたりヒィズル国の将軍家子息は、フリッツ王と懇意にしていたためパラディ島に逗留していました。

しかし、巨人大戦後ヒィズル国は敗戦国として立場を追われ、その混乱の最中で将軍家の忘れ形見はパラディ島に取り残されてしまいました。

 

それから100年以上が経って、パラディ島で唯一東洋の血を引くミカサと出会うことができた。

そして、「ミカサはヒィズル国が失った一国の主の末裔であり希望だ」と、キヨミ・アズマビトは伝えたのです。

 

ヒィズル国の真意とは?

キヨミ・アズマヒトによりミカサがヒィズル国では相当の権力を持つことが分かり、パラディ島の面々は混乱します。

「利用すべきだ。イェレナに意見を聞くべきだ。いやそれこそ敵の思う壺じゃないか」、など様々な意見が飛び交います。

 

そんな中、ピクシスが「一つ確かなことがある」と口を開きました。

「自分達は海で繋がる世界においてヨチヨチ歩きの赤ん坊に過ぎない。だから、今は黙って耳を貸すのみとしよう」と言います。

 

真面目な雰囲気ではありますが、ヒストリアは「どうしてエレンにだけは見せたのか」、とミカサに同期としての気軽さで尋ねていました。

問われて言いよどみながら頬を赤らめるミカサ。

こういうやり取りは、本当に怒涛の展開の中でも心を和ませてくれますよね。

 

「私達は生まれのことで重い荷物を背負う者同士なんでしょ?」

「ミカサが一緒なら、こんなに頼もしい人いないよ」

諫山創:「進撃の巨人」107話より引用

笑顔でそう言うヒストリア。

ただ、そんな二人を見つめるエレンの瞳の奥の真意までは分かりませんでした。

 

さて、席に着いた一同。

キヨミ・アズマビトはミカサに向かって、「ミカサの元気な御姿を見られただけでもありがたく、また今後アズマビトはいつでもミカサを待っている」と伝えました。

 

エルディア復権派だったジーク

ヒィズル国とパラディ島と引き合わせたのは、ジークでした。

パラディ島に残された将軍家の末裔の情報を提供したジークと密会をし、「ミカサへの仲介を条件にある取り計らいを承った」と告げます。

 

ジークは、自分にフリッツ王家の血が流れていることを密会で明かし、またマーレに隠したまま戦士長の座を務めたことも伝えます。

キヨミ・アズマビトは「マーレに忠実なはずのジークが何故」、と問います。

そして、ジークは自分が真の「エルディア復権派」であるからだと答えました。

 

ジークが自分の両親をマーレに売ったことは、私達読者も知っていることです。

当時七つだったジークは、マーレ当局の捜査が父親の率いる復権派の足元にまで及んでいることをいち早く知り、悟ります。

「このままでは両親と同志たちはもちろん、祖父母も自分自身も「楽園送り」になることが確実である」ということを。

 

ジークは決して両親の思想に反していたわけではなかったのです。

ただ、「誉れ高きエルディア帝国の復国はあのお遊びグループで満足している連中では到底成し得ない」、そう判断して、両親を見限ったのです。

 

マーレ軍で地位を手にした後も救うべきパラディ島を蹂躙し、エルディア人を殺し続けたジーク。

エルディア復権のためには、マーレ軍による「始祖奪還計画」を成功させることが必要だったのです。

ジークが王家の血を引く者であるということを知らないマーレは、「「王家の血を引く巨人」と「始祖の巨人」が接触すれば何が起こるのかも知らない」と説明します。

 

そこで、キヨミ・アズマビトが口を開きます。

「自分達は確かに将軍家末裔を求めているが、エルディア帝国の復活が世界に危機を及ぼすのであれば見過ごすわけにはいかない。場合によってはこの密会のことをマーレに白状すべきなのだろう」とキヨミ・アズマビトが言います。

 

氷爆石

今回の件は、「アズマビトだけではなくヒィズル国にとって利益が生じなければ成立しない話だ」とジークは言います。

そして、「立体起動装置」をキヨミ・アズマビトに見せました。

「それを提供する」と言いながら、この兵器を動かすためには特殊な燃料が必要であることを付け加えました。

 

パラディ島ではその燃料は「氷爆石」と呼ばれており、いまだパラディ島以外では採掘されたことのない未知の地下資源。

「古代より巨人の王はパラディ島に巨大な穴を掘り、そこに巨人の力で産み出した燃える石や光る石などの財宝を蓄えている」、そう囁かれていたそうです。

「立体起動装置の中にも、わずかながら「氷爆石」の痕跡が残っているはず」とジークは言います。

「パラディ島の人間にはこの地下資源の真価を知る由もないが、ヒィズル国にはそれが分かる。この情報はパラディ島とヒィズル国を結びつけるはず。そして、ジークをパラディ島に送還する計画に協力するのであれば、一度傾いた国家が大国に返り咲くほどの産業を手にできるのだ」と提案したのです。

 

「埋蔵量はまだ未調査だが、もしそれが事実であれば近代化の時代において金銀財宝に他ならぬ資源が眠っている」と、キヨミ・アズマビトは口から涎を垂らしながら言います。

上品な女性という印象だったのでこの欲に忠実な描写には面喰いましたが、そのぐらい損得がはっきりしている方が協力相手には良いのかもしれませんね。

ヒィズル国の真意を掴みかねていたパラディ島の面々でしたが、この様子を見てピクシスも「儲け話も無しにこの島に来る危険は侵せんというわけじゃな」と腑に落ちた様子です。

 

ジークの持つ秘策とは?

キヨミ・アズマビトからジークの秘策が語られます。

エルディア人と世界を救う秘策には、ヒィズル国の介入が必要不可欠。

「それは「地鳴らし」でパラディ島を守るために必要な三つの過程の一つである」とキヨミ・アズマビトは言います。

 

一つ目は「地鳴らし」の実験的活用。

その力の一部を世界に公開することで、破壊力を見せつけるというもの。

 

二つ目は、ヒィズル国の介入により「地鳴らし」が必要なくなるまでパラディ島の軍事力を世界水準にまで引き上げること。

「パラディ島と世界には約100年の隔たりがあり、その遅れを埋めるのには少なくとも50年は必要だ」とキヨミ・アズマビトは言います。

 

そして、三つ目の過程として50年は「地鳴らし」がパラディ島を守るために機能しなければならなく、「始祖の巨人」「王家の血を引く巨人」、それぞれの保有者の継続的な維持が必要。

ジークは「獣の巨人」を王家の血を引く者へと継承。

そして、「王家の血を引く者」は13年の任期を終えるまで可能な限り子を増やすこと。

 

「しかしそれはあくまでも前提でしかない」とハンジは憂います。

いくら他の兵器が発達しても、「地鳴らし」は強力な兵器でそれを手放すことができなければ継承者一族は暗殺の危険にさらされ続け、結果何世代にも渡り継承は繰り返されてしまう。

「今自分達が助かるために、こんな解決不能な問題を未来の子供たちに残して良いのか」とハンジは葛藤します。

もちろん、残して良いはずがない。

ハンジの気持ちはそうであっても、そうせざるを得ない立場もあります。

 

諫山創:「進撃の巨人」107話より引用

ヒストリアを見つめるハンジ。

そして、ヒストリアは「獣の巨人」の継承を受け入れることを承諾したのです。

しかしここで、エレンが立ち上がり抗議します。

 

「家畜みてぇに子供を産まされ殺されてやっと生きることが許されるって言うのなら…オレはジーク・イェーガーの計画は到底受け入れられません」

「『地鳴らし』の維持に我々の命運を委ねるのは危険です」

「残された時間の限りあらゆる選択を模索するのが我々の取るべき最善策ではないでしょうか?」

諫山創:「進撃の巨人」107話より引用

目的のためには手段を選ばない性格が、ますます強くなっていたのだとばかり思っていましたのでエレンのこの発言は驚きでもあり、嬉しくもありました。

 

そんなエレンの言葉に涙を浮かべるヒストリア。

王家としての決断であるだけで、彼女自身の感情としては受け入れがたいものであったことが、この描写からも分かります。

エレンの反論に対し、キヨミ・アズマビトも「まだ結論を急ぐ時ではない」と言い、引き続きジークとの仲介に協力すると言いました。

 

エレンのヒストリアへの感情

ここで場面は再び、現在に戻ります。

「別のやり方はまだ見つかっていなかった」と言うハンジ。

「ジークの任期が迫り、予想より早くマーレはパラディ島進行計画を進めてきた。だからといって、何故エレンが単独行動に出て島を危機に追い込んだのかが分からない。ヒストリアどうなってもよかったのかい?」とハンジはエレンに詰め寄ります。

 

そんなハンジに、エレンは自分は「戦鎚の巨人」を食ったと言います。

「「戦鎚の巨人」の能力は、地面から自在に硬質化を操り、武器でもなんでも生み出すことが出来るというもの。つまり、どれだけ深く地下に自分を幽閉しようとも無駄なのだ」と。

 

諫山創:「進撃の巨人」107話より引用

ハンジに「何ができるのだ」と、エレンは詰め寄ります。

そして、「他のやり方があったら教えてくれ」と、ハンジの胸ぐらを掴み上げ叫んだのです。

ハンジにしても、ジークの案が得策だとは思っていなかったことは明らかです。

それでも、団長としての立場もあるハンジ。

 

「エルヴィン…あんたの唯一の失策だ。何で私なんか団長にしたんだよ」

諫山創:「進撃の巨人」107話より引用

エレンの元から離れ、独り言を放つハンジ。

 

ささやかな交流の証

場面が変わり、サシャが埋葬された墓地になります。

「ここに何しに来やがった」と罵倒され、殴られながらニコロがそこにはいました。

 

ジャンとコニーが罵倒する兵士を宥め、どうやってここに来たのかと問うと涙を浮かべたニコロは「本当にサシャは死んだのか」と問いました。

ニコロといえば、マーレ人捕虜として料理番を任されていた男です。

サシャがその料理を食べて感激していたシーンが描かれていましたね。

 

死に様を聞いて、「何をしていたんだ」とジャン達を責めるニコロ。

しかし、「すまない」と謝るジャンに、ニコロは「何で俺に謝る」と呟きます。

 

「俺はただ飯を用意してただけだ」

諫山創:「進撃の巨人」107話より引用

しかし、その表情は悲しみに満ちており、ただの捕虜としてではなく、友人のような気持ちからきているのでしょう。

 

「あいつに美味いもんいっぱい食わしてくれてありがとうなニコロ」

「…お前はどうなんだよコニー」

「俺とサシャは双子みてぇなもんだった。自分が半分なくなっちまったみてぇだ」

諫山創:「進撃の巨人」107話より引用

サシャの存在の大きさを改めて知ることができる会話です。

彼女は兵士としてのみならず、マーレとの友好にもささやながらも確かにその軌跡を刻んでいたのです。

そして、サシャの父親にニコロは「自分はマーレ人の捕虜だが、料理人として就労している」と告げます。

 

「娘さんは誰よりも自分の料理をうまそうに食べてくれた。だから、よかったら、俺の料理を食べに来てください」というニコロの言葉に、サシャの父親は握手を交わし食べに行くことを約束しました。

サシャの築いた友好は、世界からみれば無いに等しい。

それでも、彼女から他の人へと確かに拡がったのです。

 

イェレナ達に向けられた銃口

マーレから奪ってきた巨人薬の全てをピクシスに渡すイェレナ達。

しかし、そんな彼女達の周りを兵士が銃を構えて囲んでいます。

ピクシスはイェレナ達に感謝を述べ、また「こうして疑うことは悪魔の所業に等しい」と自嘲します。

 

「それでも、ジークに枷を掛けぬわけにはいかない。虫の良い話だが自分達の弱さにしばらくの間目を瞑っていてくれないか」とピクシスはイェレナに言います。

イェレナはこの裏切りにも近しい行為に対して怒りを見せるようなこともなく、冷静に「構わない」と返しました。

「すぐにまた自分達と食卓を囲む日が来る」と続けて。

 

一方、ジークはリヴァイに引き連れられ、巨大樹の森に連れてこられていました。

「一人じゃ簡単に出られないし、手頃な岩も無い。何かを投げることも満足にはいかないだろう」と言うリヴァイ。

そして、森であることから立体起動で動くには最適の場所。

つまり、ジークをここに置くことは彼の動きを封じるということです。

 

さて、ガビとファルコです。

囚われていた二人でしたが、ガビが仮病を使い監視を騙し殴って気絶させました。

逃げ出すのであればそれだけで良いのですが、気性の荒い彼女らしく、さらに監視を殴り続けます。

ファルコは、「監視も仮病を使ったガビを心配したのに」と過剰な彼女の行為を責めますが、「悪魔を信じてどうするの」、「もうジークも信じられない」と自身の感情と意思を叫びました。

 

ヒストリアの妊娠

バルコニーで腰掛け、夕日を眺めるヒストリアの姿。

「中に入ろう」と家の中から出てくる男の顔はまだ見えません。

 

諫山創:「進撃の巨人」107話より引用

そして、感情が抜け落ちてしまったかのようなヒストリアの表情、そのお腹は膨らんでおり彼女の妊娠が明かされました。

 

諫山創:「進撃の巨人」107話より引用

子供の父親が、この男なのかどうか、それもまだ分かりません。

ですが、別のやり方を見つけることができなかった結果として、ヒストリアがジークの「秘策」通りに妊娠していることが分かったところで、次号へ続きます。

スポンサーリンク

進撃の巨人107話のネタバレの考察

進撃の巨人107話を読んだ上での考察をまとめました。

 

ヒストリアの妊娠によって何が変わるのか?

ヒストリアの人生が世界の都合に翻弄されていることが、何よりも悲しいことです。

パラディ島のためとは言え、ついには妊娠までしてしまったヒストリア。

エレンはジークの秘策として彼女が子供を産み続け、巨人の力を継続させることには抗議していましたが、結果として他の方法も見つからずジークの任期も迫っているため進められたということでしょう。

 

ここで、エレンの今までの行動を振り返ると、時間軸的にも「ヒストリアの妊娠が判明した頃にマーレに潜入し、単独行動を行っていたのではないか」という予測が立てられます。

ハンジが言うような「ヒストリアのことなどどうでも良くなった」のではなく、ヒストリアが妊娠したからこそのエレンの行動だとすると、「ひょっとしてエレンは彼女に同期、女王である以上の感情を抱いているのではないか」という疑問も湧いてきます。

 

誰もが理解しがたいエレンの単独行動も、もしヒストリアに対する恋愛感情があってのことだとするともはや考察というよりも、感情論ですから、調査兵団の面々が理解出来ないのも納得です。

進撃の巨人では、あまりそういう恋愛面が描かれることはありませんし、これも筆者の想像でしかありませんが、もしそうであると今後の動きはより複雑になるでしょう。

 

国のためではなく、個人のために動く。

もし一人でもそうなると、今まで描かれなかった各々のそうした感情が表立ってきて、擦れ違いにますます拍車をかけてしまう気がします。

 

ガビが脱走

パラディ島には並々ならぬ怒り、憎しみを抱いているガビがファルコと脱走しました。

激情的な彼女は、その性格から飛行船に乗り込み、後先も考えずにサシャを射殺しています。

今のところ脱走したとは言え、落ち合う仲間もいないはずですが、マーレ人の捕虜、ジーク、イェレナ達のいずれかに遭遇すれば、大きく展開を変える出来事が起こるのではないでしょうか。

まだ子どもである彼女の場合、激しい思想を利用される可能性も多いにあります。

スポンサーリンク

まとめ

以上、進撃の巨人第107話のネタバレ&考察をお届けいたしました。

少し救いがあったのは、サシャの墓参りにニコロが訪れたこと。

世界からすれば無きに等しい小さな変化ですが、マーレ人とエルディア人の間にもほのかな和解の兆しが描かれたことは救われます。

 

前回までもすれ違う感情、思いが描かれていましたが、今回もそれは変わらずでした。

ただ、少し「エレンの行動の理由にヒストリアがあったのでは」と思わせるシーンがあったので、今後そうした今までに培われてきた彼らの絆もますます展開に影響してくるのではないでしょうか。

また、ジークはイェレナがただパラディ側の思う通りに大人しくしているとも思えませんので、ガビとファルコの脱走が伏線となり、島内で大きな争いが起こる可能性もまだ考えられます。

 

そして、ミカサの身元が判明したことで、今後彼女がヒィズル国へ向かうこともあるのではないでしょうか?

「外からエレンを守るために尽力するミカサ」という関係性も充分にあり得ますよね。

筆者的にはヒストリアのお腹の子の父親が誰であるのかが気になって仕方がない107話でした。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。