【東京喰種:re】死堪(シコラエ)の正体は東京喰種JAILの主人公リオで確定

東京喰種:re134話で、ついに「あの伏線」が回収されました。

死堪(シコラエ)とJAIL主人公のリオは同一人物であった!

前々から言われていた東京喰種:reの伏線の1つ「死堪の正体」が134話「いざしらず」での旧多の一言により、あっさり確定してしまいました!

今回は「死堪の正体がリオ」であることが明らかになった経緯を詳しくまとめてみました!

スポンサーリンク

東京喰種:re134話で判明!死堪の正体はリオだった!

「死堪の正体!!」が東京喰種:re134話の旧多のセリフで完全に確定となりました。

僕は局長だ
“面倒ごと”を持ち込んで
僕に迷惑かけたら駄目でしょうが
ロマ、リオ
二人とも殺せ
~東京喰種:re 134話「いざしらず」 旧多~

 

この旧多の言葉は、その場にいたピエロのロマと死堪にむけたもの。

つまり、旧多が「リオ」と呼んだのは死堪であるということ。

この旧多の一言により「死堪=リオ」が明らかになったのです。

 

死堪とは?

 

 死堪(しこらえ)とは

喰種集団である「アオギリの樹」に所属していた喰種でレートはA+。

細身の体で縞模様の服を纏い、ほぼ顔を隠していない格子状のマスクが特徴。

収監されていたコクリアから脱出後に、月山家の使用人である叶によって雇われ、承正ホオグロや墓盗りともに「クィンクス」を襲撃。

 

その際、米林才子の腕を捕食するが、亜門鋼太朗に弾き飛ばされ、その場を立ち去っています。

前々から、「死堪」の正体は「リオ」ではないかと予想されていました。

 

死堪の実力は?

死堪は今までも戦闘に参加はしていますが、その戦闘シーンがはっきり描かれたことはありません。

東京喰種:re134話にて黒磐に首を締め上げられ倒れる。

 

瓜江はロマとリオを倒したと思われたが、背後から赫子に串刺しにされる瓜江の姿が!

 

もし、この赫子が死堪のものであるとしたら、死堪の実力はまったくもって未知数です。

 

リオ(凜央)とは?

「リオって誰!?」そう思う人もいるでしょう。

リオとは、「東京喰種」の世界を体感できるPSP用のアドベンチャーRPGゲーム「東京喰種JAIL」(発売元:バンダイナムコエンターテイメン)の主人公です。

「ジェイル事件」-かつてCCGの捜査官を大量に殺害するという凶行に及んだ喰種「ジェイル」
しかし、当時の事件の目撃者は少なく、「ジェイル」の本当の姿を知る者はいない。

喰種の少年「リオ」は、「ジェイル事件」の容疑の1人として、いわれのない罪で23区の喰種収容所“コクリア”に囚われていた
~『東京喰種 JAIL』PS Vita専用ソフトゲーム公式サイト~

 

ゲームのストーリーは、CCG捜査官を大量殺害した「ジェイル」の容疑がかかるリオが、「アオギリの樹」による襲撃によりコクリアからの脱走をはかり、自身の潔白を証明するために、カネキとともに、凶悪な喰種「ジェイル」を追跡するというストーリー。

ゲームでは、本来ありえない4つ赫子(甲赫、羽赫、鱗赫、尾赫)を使うことがプレーヤーの選択によって可能となるなど、東京喰種の原作とは一味違った展開を楽しむことができます。

スポンサーリンク

死堪の正体がリオである4つの根拠

「死堪の正体はリオではないか?」とされる伏線が東京喰種では随所に見られます。

その伏線が、134話の「旧多のセリフ」できちんと回収されましたが、「今まで出てきた伏線」をこちらにまとめみました。

「死堪=リオ」の伏線は、次の4つです

 

東京喰種JAILシナリオブックカバー

2015年12月18日に発売された「東京喰種JAIL」のシナリオブック。

この「東京喰種JAILシナリオブック」には「死堪の正体はリオではないか?」と思わせる伏線が3つでてきます。

まず1つ目の伏線が「シナリオブック」のカバーです。

そのシナリオブックのブックカバーを外すと背表紙には、なぜか死堪の姿が描かれています。

 

リオが主人公である「東京喰種JAIL」のシナリオブックの背表紙に「死堪のイラスト」が描かれていることにより、「死堪とリオの関係を表しているのではないか?」と思わせています。

 

シナリオブックに「死」と「堪」の文字が

そして、2つ目の伏線は、リオがコクリアから脱出を図るワンシーンに現れる「死」と「堪」の文字!

「東京喰種JAIL」でのリオの脱出シーンには不自然な「死」の文字と「堪」の文字が使われていることは実に意味深です。

「リオと死堪の関係」を暗に示しているということなのでしょうか?

これも「リオと死堪は関係があるのではないか?」と思わせる伏線の1つです。

 

シナリオブックにエトが登場

さらに3つ目の伏線は、東京喰種JAILのシナリオブックのラストシーンには、アオギリの樹幹部の1人である「エト」と思われる姿が登場します。

エトがリオを連れ去り、死堪として「アオギリの樹」のメンバーにしたのかもしれません。

東京喰種JAILの主人公リオの成り行きは死堪であり、その喋り方や体からして、エトによる拷問を受けたと考えられます。

 

眼の下の痣

リオと死堪大きな共通点は「赫子を出した時の痣(あざ)」です!

死堪とリオは、両者とも赫子を出すときに現れる目の下の痣が特徴的であり、2人は同一人物ではと言われる伏線となっています。

 

多数の赫子を出すこと

「東京喰種:re」97話において、ロマが「死堪(しこらえ)は特殊な赫子を持っている」と言っています。

死堪が鉢川を倒したときには「尾赫」と「羽赫」を使っており、西尾パイセン&クロナと戦ったときには「甲赫」も使っています。

この時点で死堪は「3種の赫子」を使っていることになります。

 

一方、リオは、本来ありえない4つ赫子(甲赫、羽赫、鱗赫、尾赫)を使うことがゲームプレーヤーの選択によって可能になっています。

これも「リオ=死堪」の伏線の1つとなっています。

 

縞模様の服

死堪とリオはともに、ボーダーの服を着ているといった共通点もあります。

 

エトの拷問を受けた影響で、精神は崩壊している死堪ですが、「東京喰種JAIL」のリオにはその特徴などが引き継がれているということでしょう。

 

以上の伏線が、東京喰種:re134話によって回収された形になります。

 

まとめ

「死堪の正体はリオ!」。

ゲームのシナリオブックの背表紙にまで伏線をはり、憶測を呼んだ結末が、あっさりと旧多の口から明かされました!

「東京喰種」にはまだまだたくさんの伏線がはられていますので、これからどの伏線がどのような形で回収されるのか、これからの展開を楽しみにしておきましょう!

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です