【東京喰種:re】旧多の正体とは?結局目的はなんだったのか??

スポンサーリンク

東京喰種:re146話までの現状は「竜化したカネキ」による襲撃で東京が大混乱に陥ってしまいました。

戦車や戦闘ヘリコプターが出動し攻撃を開始していますが、今後、どう鎮静化をはかり、カネキはどうなっていくのか手をこまねいているような段階です。

旧多の謎が大きく関与していく部分…、今回はそんな「旧多の正体や目的」を追っていきたいと思います。

スポンサーリンク

東京の現状

コウリュウギという作戦で鈴屋班とオッガイに黒山羊の喰種達は追い込まれ、カネキは什造と半兵衛との激戦で手足をそがれ死を覚悟します。

しかし、ト―カと会えなくなる悲しみからスイッチが入り、次々とオッガイを喰らい覚醒変化し見境なく人々を襲い始めました。

出典:「ヤングジャンプ」№48 148ページ目

出典:「ヤングジャンプ」№48 154ページ目

 

カネキを巨大化させたのは旧多の画策です。

竜化したカネキに対してCCGや、CCGを離脱し黒山羊側にいる0番隊も敵味方なく肩を並べ戦う形となり生き抜きました。

 

こうなった今、そもそも旧多の正体は何だったのか、目的は何か、計画はとん挫したのか、本当の最終目的があるのではないか考察していきたいと思います。

東京喰種:re愛読者目線による「旧多特集」となります。

 

急進的な計画実行

旧多は、和修一族抹殺やオッガイ計画、はたまた、死人の甦り計画を匂わせつつ……、

出典:【東京喰種:re】 11巻137ページ目

 

隻眼の王カネキを追い詰めた「コウリュウギ」や「ラスボス」の用意など「何か」を目指し急進的で狂気じみた計画実行をはかっていました。

出典:【東京喰種:re】13巻203ページ目

出典:【東京喰種:re】11巻 222ページ目

 

CCG局長となり、喰種への弾圧を強め、死体の山を築いて「平和」と歓喜していた旧多は、依子の死刑を画策したり、加納やピエロと手を組んで理想や目的に向かって突き進んでいました。

出典:【東京喰種:re】12巻88ページ目

出典:【東京喰種:re】12巻 116ページ目

 

しかし、いざ、カネキを巨大竜にするためオッガイ等を喰わせ、自分も一瞬喰わせたような流れを経た後の146話では・・・、

出典:【東京喰種:re】 13巻235ページ目

出典:【東京喰種:re】13巻234ページ目

 

この現状は読めなかった出来事であったこと、期待していた展開に至っていない話をして謝罪します。

そして・・・、


出典:「ヤングジャンプ」№48 161ページ目

出典:「ヤングジャンプ №48 163ページ目

 

もう局長ではない」と言いだす顛末です。

出典:「ヤングジャンプ」№48 163ページ目

スポンサーリンク

旧多の正体に迫る!?

手の施しようが無いような状況を前にして一度整理するために旧多の人物像についてじっくり振り返りたいと思います。

色々な顔を持ち、掴みどころのない存在ですが何かが見えてくるかもしれません。

 

旧多とは

出典:lineq.jp

旧多が本編で初登場したのは「ロゼファルト戦」が始動するころ、キジマの部下として目立たず戦闘力も然程ないキャラとして現れました。

 

登場時のプロフィール

  • 生年月日:2月29日生まれ
  • 身長:175cm
  • 体重:66kg
  • 1等捜査官
  • クインケ:ツナギカスタム (尾赫C)
  • 功績:とくになし

 

名前の変遷

  • 旧多二福(ふるた にむら)
  • 和修旧多宗太(わしゅう ふるた そうた)
  • 和修吉福(わしゅう きちむら)

 

性格

「平和」、「超平和」が目的だと度々口にする

残虐、冷徹

ロゼ戦ではキジマが死んだあと捜査官をあっさりと盾にして殺し証拠隠滅も図りました。

物語のあらゆるところで残忍さや異常性を感じますよね。

出典:【東京喰種:re】7巻47ページ目

 

自由奔放

出典:【東京喰種:re】10巻49ページ目

 

計算高く欺くことが多い

スパイ、工作員的な動きや性質あり。

士気を煽り求心力を高めるためカネキの姿にした別人を公開処刑したり、故意に人間をピエロにしてCCGに殺させたり相当えげつない性格です。

 

妙なカリスマ性を待つ

出典:【東京喰種:re】11巻 142、143ページ目

 

和修の血筋

素性を隠してヒラ捜査官として活動していましたが、和修家を抹殺後本性を現し始めます。

「殺して良かったの?君のおとうさんでしょ?」

「いーのいーの、どうせ僕の顔も覚えてないよ」

出典:【東喰種:re】 9巻232、233ページ目

 

そして、自らを「和修の王」と語っています。

出典:【東京喰種:re】9巻233ページ目

 

ちなみに和修家の情報は「【東京喰種:re】和修家とは!家系図や相関図をまとめてみた!」にまとめているので、合わせてご覧ください。

 

ハイセと共に

ハイセと高槻泉の捜査をしていたこともあります。

編集者の塩野をとらえ、その後パテにしてエトに差し入れると言う非道ぶりを見せました。

 

「V」である事も自白


出典:【東京喰種:re】 10巻47ページ

血族の中で子孫を継承してきた和修家の仕組みがあり、そのルーツが「竜」であることにも触れていました。

出典:【東京喰種:re】 12 巻117ページ目

我がルーツにちなんで「竜」とでも呼びましょうか

 

ピエロの一員

出典:【東京喰種:re】 7巻44ページ目

一度逃がしていたリゼを捕えるために、あの時鉄骨を落とした人物でもあります。

 

白日庭出身である

有馬貴将と同じく「白日庭」の出身でした。

出典:【東京喰種:re】 6巻206ページ目

 

白日庭についての情報は「【東京喰種:re】白日庭とは??出身者の情報をまとめる!」にまとめているので、合わせてご覧ください。

 

喰種化手術を受けている

白日庭出身(半喰種でありながら喰種的特徴が現れず身体能力に長ける)、和修の血族である上に加納による手術でカネキと同じリゼの赫子を得ています。

出典:【東京喰種:re】 8巻22ページ目

 

コクリア脱出を図るカネキ達を援護する「SSSレート」のエトを赫子で倒す実力の持ち主、未知の部分がまだあるのでしょうね。

出典:【東京喰種:re】 8巻121ページ目

 

和修吉福(旧多二福)なる人物の正体は、怪人〇面相みたいにどれが本当の姿、本心かが未だ分かりません。

和修の王、竜の子孫……?

家族、仲間への深層部分にある想いなど……そう言った繋がりも含め、もっと「旧多の真の姿」を知りたいなと思います。

 

旧多の真の目的とは!?

旧多の目的に関しては頻繁に口に出したり、意味深な台詞で表現したり、幾つか思い当たります。

その他、独自の予想を挙げていきます。

 

「平和」「超平和」

出典:【東京喰種:re】8巻124ページ目

それは一般的な平和とはかけ離れた「死」の上に成り立つ権威の誇示や理想でした。

そもそも自分が喰種なのですから、喰種の駆逐や東京完塞を謳い「平和」と言うこと自体異常で、自作自演を好むテロリストみたいなものだなと思いました。

 

「ほしいもの」「望むもの」

この表現は何度か出てきています。

出典:【東京喰種:re】 11巻110ページ目

 

ほしいもの、望むものとはなんなのか!?

CCG局長のイス、権力であったり、名声……。

出典:【東京喰種:re】8巻123ページ目

 

また、幼き頃の話ではリゼと結婚したいという話もありましたが、可能性が濃いのはこの後にふれる「竜の存在」や「もたらされるもの」、はたまた史上最大のカオスの事(旧多の好きな理想的平和のこと?)でしょうか。

 

カネキの竜化、竜の誕生

ローマ字でつづられた言葉。

「そこから先の事は知らない、ここで竜を」とあるように

出典:【東京喰種:re】13巻146ページ目

 

どうなるかわからない見切り発車の様な形でありながら、リゼから101匹ワンちゃん並みにオッガイを作ります。

出典:【東京喰種:re】 11巻172ページ目

 

そして、コウリュウギを遂行し…、

出典:【東京喰種:re】 13巻146ページ目

 

カネキの餌にしてカネキをここで竜として誕生させること、混沌を作り出すことが目的だったのでしょうか。

 

よみがえり

次に考えられる目的は、「竜化」したカネキの誕生後にもたらされると思っていた赫子の生命体による「死者の甦り」です。

宇井特等に対しハイルが甦ることをダシにして仲間に引き入れたのですが、可能性が0に近いとのことでこれに関しては頓挫したと言えるのかもしれません。

 

ナァガラジ

カネキの巨大竜と24区最深部の地下の竜の真実が結び付くことで起こる「何か」を引き起こしたいのでしょうか。

 

竜の子孫として!?

旧多自身が、竜の血縁者、竜の子孫、「和修の王」として何かをする!?「秘密の目的」があるのかもしれません。

ラスボスについて「それは僕の味方です」と意味深な会話をしていました。

旧多の敵とは?味方とは?

敵味方の境界線が良く分からなくなってきていませんか。

 

敵としてフルボッコにすると言っていた隻眼の王カネキが竜化してラスボスになれば「味方」!?

24区のナァガラジとカネキは別存在なのでしょうか?

出典:【東京喰種:re】12巻116ページ目

 

旧多の真の目的はコレ!と確定できず、正直見当がつかないとも言えるでしょう。

そして、ストーリー上、未だ多くの謎が残されているのでその点に注目しながらどうなっていくのかを見守りたいです。

 

今後の謎

  • ヒデ、スケアクロウの思惑、登場は?
  • ピエロ、ウタさん達の真のチカラ、真の活動が発揮される?
  • 依子の死刑の阻止は成功?
  • 旧多の本当の強さ
  • カネキの今後、ト―カとの未来は?
  • 黒山羊の喰種達の安否、今後
  • CCGの立て直し?今後の在り方

旧多の様子を見ていますと、段階的に目的達成をなしてきたようで、未だ秘めた大きな目的成就への過程にいるように思えます。

もう一捻り何かがあって……独特な展開を見せ、続編を視野に入れた「東京喰種:re」のフィナーレを飾って頂けたらいいなと勝手な喰種愛を抱いております。

 

まとめ

今回、少し立ち止まり旧多という人物の「正体と目的」にクロ―ズアップしてみましたがいががでしたか。

謎に包まれていることがあって決定打となるお話が難しいのですが、こうやってじっくり見ながらつづっていますと、近寄り憎く背筋が凍るような残酷カリスマリーダーでありながら、ふとどこか格好良いと思ってしまう一面もありませんか?

あれ……私だけでしょうか。

東京喰種:reのラスト、フィナーレはどう飾られるのでしょうか。

期待しております。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です