【東京喰種:re】和修家とは!家系図や相関図をまとめてみた!

スポンサーリンク

東京喰種:re(トーキョーグール)64話で「喰種対策局(通称:CCG)」のトップである和修家と喰種集団「V」がつながっていたことが明らかになりましたね

その後、東京喰種:re83話において、和修吉時が喰種であることも確定し、CCGの上層部が和修家であることも判明しました!

CCGの新局長に「和修吉福」を迎え、新たな展開を見せる東京喰種:reですが、今回はあらためて「和修家の家系図や相関図」さらには「和修家の真の目的」についてまとめてみました。

スポンサーリンク

「東京喰種」和修家とは?

独自の技術で“喰種”と刃を交え、喰種退治を生業としてきた一族のひとつ―「和集」

 

和修家とは、江戸時代から「喰種退治」を生業にしてきた一族のひとつで、その中でも、喰種対策トップの一族が和修家であったと言われている

 

明治時代には、喰種を駆逐する組織「喰種対策局」(通称CCG)の前身である国家機関「喰種対策院」を設立。

和修家宗家の「和修大吉」は、その喰種対策能力の高さから「喰種対策院」の初代総議長に就任。

その後、常に「喰種退治のトップ」として君臨し続けているのが「和修家」である。

和修家はCCGに大きな影響力を持っており、和修家を批判するだけで潰されるといわれている。

スポンサーリンク

和修家の家系図

苗字が「和修」である者は和修家(宗家)に属し、「旧多」は旧多家(分家)に属しています。

 

和修大吉

和修家の祖先にあたる人物。

1890年(明治23年)に設立された「喰種対策院」(現CCG)の総議長を務めていた。

江戸時代から続く「喰種退治」を生業としていた和修家宗主についての詳細は不明である。

 

和修吉雨

和修大吉の後を継ぎ、「喰種対策院」総議長となった。

現CCG総議長の和修常吉の父親。

対喰種用武器「クインケ」をドイツ局長アダム・ゲッヘナーと共同開発している。

 

和修常吉

喰種対策局(CCG)総議長。

和修吉時CCG前局長、旧多二福(現CCG局長の和修吉福)の父親。

その表情と眼力から「鬼常」と呼ばれる存在である。

 

現在のCCGのトップであるが、「喰種」だとほぼ確定している。

丸手によると過去にSSSレートの喰種の討伐した経験がある。

旧多二福の差し金によるピエロとVの和修家襲撃により殺害される

 

和修吉時

喰種対策局(CCG)前局長。

和修常吉の息子であり、CCG局長就任前は「和修時(ちか)」と名乗っていた。

和修吉時は「東京喰種:re83話」で喰種であることが確定している。

 

丸手に喰種であることを暴かれ、正体がバレると「赫眼」になって怒りを表しましたが、丸手によって額に銃弾を打ち込まれ、殺害されました。

 

「…これが…ただの”人殺し”であってくれ…」と思う丸手でしたが、そこに両目が赫眼となった和修吉時。

 

和修政

CCG対策II課の特等捜査官。

和修吉時の長男であるが、吉時とは折り合いが悪い。

和修政も喰種であることは判明している。

 

24歳までドイツにて捜査官をし、喰種一族ロゼヴァルト家を討伐した実績を持つが、「アオギリの樹」によって日本本局が被害を受けたことで帰国。

旧多宗太の差し金による襲撃後の所在は不明である。

 

旧多二福(和修吉福)

現CCG局長。

和修家の分家である旧多家が出自であるため、CCG入局当時は「旧多二福」を名乗っていたが、現在は和修吉福を名乗っている。

人間と喰種を掛け合わせた「半人間」であるも、リゼの赫子(かぐね)を持っているため、今は半喰種であるエトの赫者状態を弄ぶほどの力を持ち、常吉と政などを皆殺して、CCG局長の座に君臨。

「クラウンも、Vも、和修の王(ぼく)の手にある」

 

和修家宗家を壊滅し、現在では自身を「和修の王」と語っている。

スポンサーリンク

和修家の家系図・相関図

ここでは、和修家の家系図と相関図を合わせて紹介していきます。

代々の和修家における配偶者たちは明らかになっていません。

ただ、東京喰種:reの101話にて、旧多二福(今現在は和修吉福)の口から和修家の真相が語られ、和修家とVの関係などが明らかになりました。

和修家にはいくつかの分家があり、その中に様々な役割の人々が
「タネ役」や「母胎役」
裏から根回しする僕や有馬貴将のような「雑用係」
これらがみーんな「V」と呼ばれております

 

ヒトの血を混ぜて僕や有馬貴将のような「不良品」をつくるかたわら、純粋な和修の血を絶やさない為の「母胎」も存在しました
その1人がリゼでした

 

人間のために喰種を駆逐する組織CCGを牛耳る和修家や分家がすべて、喰種ということになります。

そして今、「和修の王」と名乗る和修吉福がCCG局長となり、今までにないほどの「喰種狩り」が行われています。

スポンサーリンク

和修家の目的とは?

強力な喰種集団組織「アオギリの樹」!

 

その「アオギリの樹」について、Vの幹部である芥子(かいこ)は次のように語っています。

アオギリの樹が長年の均衡を壊そうとしている

 

この言葉は何を意味するのか!?

それは・・・

CCGと喰種たちの均衡」です。

 

喰種が駆除により全滅することで、喰種駆逐を行うCCGの役目は終わってしまいます。

元々は喰種退治を目的としていた和修家でしたが、CCGの上層部である和修家は、自らの影響力を保つために、喰種を駆逐しつつ、喰種の数を保とうとしている可能性を示唆する言葉です!

スポンサーリンク

まとめ

以上、謎の多い「和修家の家系図と相関図」をまとめ、さらには「和修家の目的」を考察してみました。

和修吉福がCCG局長になり、同じ喰種でありながら、なぜ今までないほどの「喰種狩り」を行うのか?

その真相はいまだ謎のままです・・・。

 

そして、壊滅状態の和修宗家はこのまま滅びてしまうのか?

さらには、和修家の真の目的はなんなのか?

謎が謎を呼ぶ展開となってきました!今後の展開から目が離せませんね。

スポンサーリンク

有馬の過去が読める「東京喰種JACK」が超面白い

有馬貴将が主役の「東京喰種JACK」という作品を知ってますか??

電子書籍限定で販売されている作品なのですが、あの有馬の過去を読める作品なので、東京喰種ファンは必見です。

以下の記事で、東京喰種JACKを実質無料で読む方法を説明してるので、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。