【東京喰種:re】オッガイとは?強さや正体をまとめる!

スポンサーリンク

CCGに突如現れた新部隊「オッガイ」。

旧多新局長により組織された「オッガイ」ですが、旧多の配下であるCCG捜査官たちすらその存在を知らなかったようです。

今回は、東京喰種:reに登場する「オッガイの正体と強さ」についてまとめみましたので、ご覧ください。

スポンサーリンク

オッガイとは

オッガイが初めて登場したのは東京喰種:reの118話。

旧多がCCGの新局長としてあいさつをしたときに、紹介されたのが「オッガイ」の初登場シーンです。

オッガイは、U16(こども)、つまり、16歳でまとめられた「こども集団」です。

 

オッガイの正体

正体は謎に包まれているオッガイですが、わかっているのが、「新造のQ’s」ということです。

U16(こども) 16歳のこども100人で組まれた部隊で、0番隊のような感じですかね…

そして、オッガイは黒い衣装に、目元をマスクで隠していて、全員似たような格好をしています。平気で人間を殺す子供集団です。

 

さらに、東京喰種:re 119話では「オッガイがリゼベース」だと判明します。

しかも、オッガイは嘉納式です。

以前、旧多が金木に意味深なことを言ってましたね。

リゼには子供をたくさんつくってもらいます

それはもう100匹わんちゃんばりに…

 

旧多は、カネキケンが100人と言っています。

金木が100人はどう考えてもヤバいだろっ!! って感じですね (笑)

 

100匹わんちゃんばりに、リゼにつくらせた子供…、変態かコイツはと思っていましたが、今となってはオッガイの事だったんですね。

結構言っている人がいますが、二ーアオートマタに似ています。

 

オッガイの隊長

東京喰種:re127話でナキが黒山羊のアジトに連れ帰ってきた少年が、「甲(ハジメ)」という名前でした。

 

見るからにオッガイのスパイ感ありますよね。

ナキもナキでなぜこんな怪しい野郎を連れてきてるんだよとツッコミたくなりました笑

 

東京喰種:re 127話のタイトルが「はじめ」になってます。

「東京喰種(無印)」で一度だけ登場してきた少年で、葉月ハジメという子供がいました。

親を喰種に殺されCCGで保護された子供です。

 

そして、その甲は、東京喰種:re 129話で「葉月ハジメ」でであること、さらにはスパイだということが判明しました。

そのため、甲はアジトの檻の中に入れられています。

ずっと金木のファンだったハジメは、生の金木を見て大はしゃぎ。

 

金木達がいない間、アジトでたくさんの喰種を殺します。

甲の正体はやはり葉月ハジメで、オッガイの隊長でした。

 

オッガイの強さとは

東京喰種:re 119話を読んだ人達は、金木の量産型、強すぎなどの意見がありました。

「実力は一人一人がミニ旧多クラス」

「こんなん勝ち目ない」

様々な意見がありましたが、実際はそれほど強くはなかったです。

 

「金木の量産型」と言われていましたが、弱い人間や喰種を痛ぶってるイメージで、あまり強いとは思わなかったです。

集団じゃなければそれほどとも思えませんが、葉月ハジメだけはオッガイの中でもずば抜けて強く、0番隊の子供以上と思われます。

スポンサーリンク

オッガイフレームアウト

東京喰種:re 134話でトーカや四方の前に現れたオッガイ。

躊躇なく弱い喰種を殺していきます。

四方やナキに倒されたこどもに、六月が寝んなと声をかけます。

ぬらりと立ち上がったこども達は、どこか様子がおかしく、変な声を出しはじめます。

皆 苦しんでいます。

 

「あいあいあいやーッ!!!!!!」

「うーッうーッ おかあさん おかあさん おかあさん」

「なんで殺したんだ なんでなんでなんで 殺したんだ なんでなんで」

「死にたくない 死にたくない 死にたくない 死にたくない 死にたくない」

…スゴい発狂っぷりです。

まるでカネキのよう。

 

フレームアウトするオッガイ連中。楽しそうに見ている六月が怖いです。

フレームアウトした瞬間、オッガイ終わったなって思いました。

相変わらずの狂いっぷり。

石田スイ先生は発狂がお好きなようです。

 

一斉に何人もがフレームアウトしたのは、一体どういう仕組みなんでしょうか…

 

オッガイのフレームBとは

東京喰種:re 129話でハジメ自身が話していた「フレームB」は、どうやらクインクスとは違うようです。

月山との戦いで出したのがフレームBでした。

フレームBを使った事で、隻眼から赫眼に。

喰種の力を引き出す効果があります。

 

クインクスの瓜江は、赫眼状態になったらフレームアウトしていました。

しかし、ハジメはフレームBを使うことによって平常心を保っていました。

クインクスよりも喰種に近い存在。

フレームBを解放しているハジメは、おそらく普通の食事はとれないでしょう。

 

オッガイは金木の餌でしかなかった

東京喰種:re 144話で、普通に生きていた金木に顔面を喰われるハジメくん…容赦ないですね。

ハジメくんのイケメンフェイスが台無しです。

オッガイの隊長であるハジメが殺られたことで、オッガイ連中は混乱しはじめます。

金木を殺すか殺さないかで言い争っていたら、金木の餌食になってしまいます。

スゴい勢いでオッガイが殺られていきます。

 

しかし、旧多は金木がオッガイを喰べたのを見てなぜか安心しています。

これはやはり、オッガイが餌だったということでしょうか?

逃げるオッガイ達に逃げるなは残酷過ぎますね…。

 

「たんとお食べ!!!! 赤ちゃん!!!」 は正直笑っちゃいました。

旧多なに言っちゃってるんだという気持ちでした (笑)

オッガイは、金木を竜にするためだけにつくられた部隊だったということてしょうか。

金木の餌になってしまったオッガイは本当に気の毒ですね…。

スポンサーリンク

まとめ

以上、「東京喰種:reに登場したオッガイの正体や強さ」をご紹介いたしました。

ちなみに、"オッガイ"に当てられたこの漢字ですが…、

「オッガイ」と入力しても、漢字が出てきません。

 

一体何て入力したら出てくるんだろうと思っていましたが、オッガイという漢字は石田スイ先生がつくった漢字だったとわかりました。

 

この「オッガイ」という字には何か意味がありそうですが、死に似ていますね。

オッガイが登場してきた時は正直、強キャラ感半端なかったですが…、まさか金木さんの餌で退場だなんて散々な部隊ですね。

フレームアウトしてしまったり、惨めです。

興醒めっていうよりも、今まで一体何だったんだという気持ちです (笑)

 

それにしても、ハジメの殺られ方が酷すぎました (笑) わりとハジメは嫌いじゃなかったですので。

あのハジメがそう簡単に死ぬとは思いませんが、またなにか別の展開があれば面白いですね!

スポンサーリンク

有馬の過去が読める「東京喰種JACK」が超面白い

有馬貴将が主役の「東京喰種JACK」という作品を知ってますか??

電子書籍限定で販売されている作品なのですが、あの有馬の過去を読める作品なので、東京喰種ファンは必見です。

以下の記事で、東京喰種JACKを実質無料で読む方法を説明してるので、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。