【七つの大罪】240話のネタバレでチャンドラーが第二形態となる

スポンサーリンク

七つの大罪240話のネタバレの要点をこちらにまとめておきます。

240話の内容をサクッと読んでいきたい方はこちらをご覧ください!

スポンサーリンク

七つの大罪240話ネタバレの要点まとめ

七つの大罪240話のネタバレの要点をこちらにまとめておきます。

 

ゴウセルが死亡??

ゴウセルがかけられた「絶対強制命令(アブソリュートオーダー)」を破ってチャンドラーに攻撃を加えましたが、その影響がやはりあったようで、240話ではゴウセルがその場に倒れ込んでしまう。

ゴウセル

「みんなごめん」

「・・・俺はここまでみたい」

七つの大罪ネタバレ240話より引用

 

ホークがチャンドラーの手をなめて呪印が消えたように思いましたが、どうやら消えていなかった模様。

命令を破って攻撃を仕掛けてしまったゴウセルはいったいどうなってしまうのでしょうか??

 

チャンドラーが第二形態となる・・

239話のネタバレでは、七つの大罪メンバーが力を合わせてチャンドラーを倒したかに思えましたが、240話ではチャンドラーが実はまだ生きていることが判明。

遠くにいるゼルドリスがこう語ります。

ゼルドリス

「弟子を慮るばかりに好々爺を演じ生きているような男だぞ?」

「弟子を取り戻せないとわかれば奴は本性を顕にするだろう」

「もはや誰の手にも負えん」

七つの大罪ネタバレ240話より引用

 

そして、チャンドラーが真の姿に変身。

 

刀身がアホほど長い仕込み刀を扱う。

 

キングがその場をしのごうとしますが、本気となったチャンドラーとの力の差は歴然。

自分が犠牲となる覚悟のキング。

 

絶対絶命のキングですがそこに・・・。

 

グロキシニア&ドロールが駆けつける!!

キングがやられる寸前、やって来たのは初代妖精王のグロキシニアと巨人族の始祖のドロール。

グロキシニア

「なんでもかんでもしょいこみすぎっス」

「王様だって時に誰かを頼ったっていいんスよ」

ドロール

「〈七つの大罪〉よ・・・」

「ブリタニアの明日は汝らに託そう・・・」

「そしてどうかメリオダスとエリザベス・・・」

「我らの古き友人を護ってくれ・・・」

グロキシニア

「さあ相棒行くっスよ」

ドロール

「・・・我ら古き王ー」

「喜んで未来の礎とならん!!!」

七つの大罪ネタバレ240話より引用

 

次回、グロキシニア&ドロールVSチャンドラーとなるのでしょう。

ただ、今のチャンドラーに対してグロキシニア&ドロールで太刀打ちできるのでしょうか??

次週、どうなるのか楽しみなところです。

スポンサーリンク

七つの大罪240話ネタバレの考察

七つの大罪240話のネタバレを読んだ上での考察がこちら。

 

バンが成長するのかも??

読んでてふと気になったのがバンに対してのキングのこの一言。

キング

「足手まといのキミに何ができる!!?」

七つの大罪ネタバレ240話より引用

 

キング的にはバンを思っての言葉だったと思いますが、バンはなにか思うようなことがあるといった表情をしていました。

 

確かに、ここ最近のバンの活躍はぱっとしないものがあります。

周りのメンバーの実力が一気に上がっていく中、バンに関しては目立った成長がありません。

なんならまだ神器も持っていないですしねww

 

でも、逆に言うとそれだけ伸び代があるということです。

これを機にバンがパワーアップのためになにかを始めるという展開はあるかもしれませんね。

 

ゴウセルは死んでしまう??

チャンドラーの「絶対強制命令(アブソリュートオーダー)」に反してチャンドラーに攻撃を加えてしまったゴウセルの行方が気になりますね。

エリザベスの魔力でも回復させることは無理だったようですが、ゴウセルは復活することができるのでしょうか??

チャンドラー戦が終わった後にどのような展開となるのかが気になります。

 

七つの大罪240話ネタバレのまとめ

チャンドラーはまだ生きていたようで七つの大罪は再びピンチを迎えましたね。

しかし、そこに駆けつけたのがグロキシニア&ドロール。

グロキシニアとドロールが今のチャンドラーとどこまで戦えるのか見ものです。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。