【ワンピース】CP0の正体とは!?メンバー一覧!

スポンサーリンク

ワンピース八十六巻を読んだ方なら誰もがこのシーンに衝撃を受けたでしょう。

 

ステューシーがサイファーポールの諜報部員だったとは、びっくりしました。

恐らく、今後再びサイファーポールが関わってくるという前兆なのでしょう。

今回は、ステューシーが所属しており、最高クラスとされているCP0についてご紹介します。

懐かしいキャラクターも再登場しますよっ!

スポンサーリンク

CP0とは

サイファーポールは通称「CP」と呼びます。

世界政府直下の暗躍諜報機関で、政府からの命令に従い、世界各国からあらゆる情報を仕入れる組織です。

CPは数字でグループ分けされ、表向きは、CP1〜CP8まで存在し、世界中に配属されています。

 

しかし、今回紹介するCP0(サイファーポール“イージス”ゼロ)は、陰で暗躍している秘密のグループで、サイファーポールの中でも最高クラスです。

それでは、現時点で明らかになったCP0 のメンバーを紹介します。

スポンサーリンク

CP0のメンバー一覧

 

ステューシー

ビッグマム主催のサンジとプリンの結婚式に招待され、歓楽街の女王として参加しました。

とても若々しくて美人ですね。

しかし、物語の中でびっくりさせられたシーンがありました。

 

プリンの年齢は20歳前後でしょう。

それに数十歳分足してしまうと・・。

少なくとも20代30代ではないことはこのシーンで明らかですね。

 

そして、しばらく話を進めていくうちに、例の問題のシーンが登場します。

ル・フェルドを背後から撃つ時、CP特有の技「六式」の一つ「指銃」を使った場面が。

やはり彼女もCPの一員であることを物語っていますね。

 

ロブ・ルッチ

ワンピースファンならもちろん、見覚えがありますよね。

ルッチで思い浮かぶのは、真っ先にこの場面でしょう。

 

以前、ウォーターセブン編でルフィと対峙しています。

ルフィたちと初めて会った時は、ガレーラカンパニーで1番ドッグの木槌職人として働いていました。

彼は寡黙で、常に肩に乗っているハトのハットリを通して自分の意志を伝えていました。

 

実は、CP9はCP0同様、もう一つの陰で暗躍するグループで、CP0に次ぐ上位クラスです。

ルッチがそんなCP9の正体の1人だったという衝撃を与えたシーンでしたね。(個人的には、寡黙なルッチが、ペラペラしゃべり始めたことの方が衝撃でしたが笑)

 

彼はCP9の中で最も戦闘能力が高い一方、とても残忍な性格です。

過去、海賊に囚われた500人の兵士を彼の独断で皆殺しにした事実があります。

500人の兵士が囚われたことで、その王国を危険に晒し、弱い正義に生きている兵士たちに生きる価値がないと、独断で判断したためでした。

 

また、世界政府へ入ったのも殺しが正当化されるからです。

そんな危険な思想を持つ彼が、ハットリにネクタイや自分と同じガウンを着せるなど、意外にもペットを可愛がる一面も見せています。

CP特有の暗殺技「六式」や、悪魔の実の能力者でもあるため、ネコネコの実 モデル・豹(レオパルド)の能力を兼ね備えています。

チョッパーいわく、豹のような肉食系動物の能力は凶暴性を増してしまうそうです。

豹の姿に変身したルッチは巨体化し、その状態で繰り広げられた六式の技は、人型の時以上に威力が増します。

 

カク

ルッチと同じく、元CP9のメンバーです。

ウソップのように鼻が長いことと、悪魔の実の能力によって変身するキリンの姿が可愛いことで有名でした。

 

スパンダムの指示で、なんの能力があるかわからないまま悪魔の実を食べました。

カクが食べたのは、ウシウシの実モデル・ジラフでした。

 

主にその長い首を生かした攻撃が面白おかしく、戦闘相手のゾロがよく突っ込んでいましたね。

キリン大好きじゃと、悔いもせずにキリンの力を受け入れたカクの潔さも清々しいものがありました。

憎っくき敵なのにいまいち憎めないキャラクター、それがカクです。

 

カクとルッチ含むCP9のメンバーは信頼関係の深さを見せています。

扉絵シリーズによると、ルフィたちに敗北した後、彼らはその失態を責められ、政府から抹殺されるほど追い込まれていました。(こんな重大なストーリーがあるから、扉絵は見逃せません。)

特にルッチは、ルフィとの戦いで死にかけていました。

そんな時、CP9全員が彼の治療費を稼いでいます。

敵に対しとても冷徹なルッチが、ジャブラまでもが彼を助けようとするほど仲間との絆が深いようなので、味方だととても頼もしい存在なのですね。

 

スパンダム

CP9の元長官でした。

ルッチやカクたちの上司でしたが、彼ら含むCP9のメンバーは、スパンダムに対し、内心辟易していました。

実は、スパンダム自身の実力は一般兵以下しかありません。

自分たちよりも実力も正義感もなく、おまけに人間のクズなスパンダムをCP9皆は全く信用できないのでしょう。

象剣ファンクフリードを使いこなせることが、唯一の彼の実力です。

 

巨体な象の姿で、パワフルで猛スピードで相手に突進します。

一見、長い鼻に剣を持つ象の姿していますが、本来の姿は、悪魔の実ゾウゾウの実を食した剣です。

簡単に言うと、剣が象になったのです。

意思を持つ剣(象)を手なづけることができるのだから、一応スパンダムにもそれなりの戦闘能力の素質はあるのでしょう。

 

そんな彼は、現在ルッチの部下に降格しています。

ま、自業自得ですね。

ルフィたちに敗戦した後、スパンダムはその全責任をルッチたちCP9へ押し付けたり、彼らの抹殺を企んだ張本人だったのですから。

 

それにしても、長官ではないにしても降格しても良いものの、なぜかCP0へ昇格していることが不思議でなりません。

ルッチからの情けもしくは、またしてもスパンダムの父親スパンダインの圧力がかかったのでしょうか?

スポンサーリンク

まとめ

今回はCP0 とそのメンバーについてご紹介しました。

ステューシーの美しさに魅了されたり、ルッチやカクの再登場に大喜びしたファンも多いのではないでしょうか?

今後、2人やステューシー(ついでにスパンダム)はどんな状況で再びルフィの前に立ちはだかるのかに目が離せませんっ!!

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。