【ワンピース】913話ネタバレでバジル・ホーキンスの能力が明らかに

スポンサーリンク

ワンピース913話のネタバレの要点をこちらにまとめました。

前回のワンピースでは、お腹を満たすために汚い川の水を飲んでしまい、高熱にかかったお玉を狛犬に乗せ出発、ルフィは荒野に到着します。

ルフィは、女性がカイドウの部下から追われている場面に遭遇しますが、その女性を助けたのはなんとゾロでした。

ゾロとルフィは合流して大喜びもつかの間、最悪の世代の一人バジル・ホーキンスに遭遇していまいますが・・。

「ワンピース913話のネタバレ要点をサクッと知りたい」というあなたはこちらからどうぞ!

スポンサーリンク

ワンピース913話のネタバレの要点まとめ

 

ホーキンスとの問答は…

バジル・ホーキンスは、ルフィとゾロに問いかけます。

「この国を裏で誰が牛耳っているか知ってるのか?」

 

カイドウがワノ国を牛耳っていることは周知の事実ですが、ホーキンスは、ルフィとゾロにカマをかけます。

ホーキンスの質問の意図を知るゾロは、「知らねェな!!」と知らないふりをします。

しかし、ルフィは、「カイドウだろう!!「四皇」をブッ飛ばしに来たんだ!!」と堂々と答え、ホーキンスにケンカを売ります。

「おいルフィ!そういうのも言っちゃダメだと錦えもんが…」とゾロにたしなめられたルフィは、「今のはウソだ!!知らねェ!!」
 
もう遅いですww

 

ルフィの名刀

バジル・ホーキンスより、ルフィが持っている刀に興味津々のゾロ。

ホーキンスは、タロットカードで未来を占います。

バジル・ホーキンスの占いによると、「ルフィとゾロが一か月後に生きている確率は19%」と予想しますが、ゾロはバジル・ホーキンスの話より、ルフィが持っている刀が気になって仕方がありません。

 

ゾロは、バジル・ホーキンスの部下が攻撃してくるのも気にせず、ルフィの持っている刀を借りたがります。

それもそのはず、ルフィは今までの戦いで刀を使ったことはありません。

その刀をどのように使うのかとゾロはきになっているようですが、なんとルフィは「ゴムゴムの銃(ピストル)」と刀をにぎったまま、敵にパンチを繰り出します。


「尾田栄一郎「ワンピース」第913話より引用」

ルフィが刀を持っている理由は形だけで、攻撃はいつもと変わらず、そんなルフィは、ゾロからつっこまれる始末です。

 

バジル・ホーキンスの強さは?余裕を見せる!

ゾロは、バジル・ホーキンスに直接攻撃を開始します。

ゾロがバジル・ホーキンスに与えたはずのダメージは、なぜかバジル・ホーキンスの部下の武士が受けています。

ルフィは啞然としますが、「藁人形(ストローマン)は部下達の命を自分の身体に宿して、ホーキンスが受けたダメージがその部下に移ってしまうという能力であること」を説明しています。

 

今度は、バジル・ホーキンスからの攻撃開始です。

バジル・ホーキンスは、「藁人形ズカード」というカードに合わせて攻撃の形が決まるという能力を発動します。

 

しかし、一枚目は、仲間割のカードを引いてしまい、同士討ちとなってしまいます。

ホーキンスは、「リスクを受け入れる分、己の限界を超える力を与えてくれるカードもある」と説明しますが、仲間が1人減っただけのカードはどうなのでしょうか??

 

そんな中、お玉の熱が上がってきているのを察した狛犬は、ルフィとゾロを口に加え、その場を去ろうとします。

それを見たバジル・ホーキンスは、二枚目のカードとして「追撃カード」を引き当て、ルフィ達を追ってきます。

追撃の藁人形の力強いパワーにゾロは押されつつも、ゾロは「弐斬り(にぎり)」の「登楼 砂紋(さもん)」で藁人形をやっつけます。

ゾロ

「登楼、砂紋」

バジル・ホーキンスの部下

「ぐわァ!!!」

「尾田栄一郎「ワンピース」第913話より引用」

 

ルフィたちを見つけたのはなんと・・・

狛犬がその場を離れたところ、狛犬の尻尾からゾロが助けた女性茶屋の店主「お鶴」がひょっこり顔を出します。

お鶴はお玉の様子を見て、川の水を飲んだと察し、邪含草を飲ませるため、自分の「茶屋」へ連れて行くと言い出します。

お鶴はゾロの手当も申し出ます。

その頃、山の上から双眼鏡でルフィ達を見つける一行が・・なんとトラファルガー・ローの部下ベポたちでした。

スポンサーリンク

ワンピース913話のネタバレの考察

ワンピース913話を読んだうえでの考察をまとめておきます。

 

余裕のバジル・ホーキンス?

ルフィの強さを知っているバジル・ホーキンスは、ゾロとルフィの二人を相手するのは難しいと思い、自分が傷つかないよう遠隔攻撃をしています。

ゾロは法王を倒し、バジル・ホーキンスは狛犬に乗ったルフィを逃がす形となりました。

四皇カイドウに報告するのでしょうか?

 

「藁人形を体に仕込んでおけば死なない」となっていますが、藁人形となっている部下を倒してバジル・ホーキンスに攻撃すればダメージになるのでしょう。

ルフィはサニー号から脱出するときにタコに絡みつかまれ、サンジたちとはぐれて、ビブルガードを失くしてしまいました。

ひょっとしてバジル・ホーキンスが余裕そうな理由は、ルフィのビブルガードを持っているからなのでしょうか?

 

カイドウ側のメンバーがルフィたちの味方になる可能性はあるのか?

シャボンディ編の時に、海軍大将黄猿がバジル・ホーキンスを攻撃した際、離れて逃げていた部下がバジル・ホーキンスの代わりにやられていました。

部下は藁人形にされていることをわかっていないのかもしれませんが、藁人形の対象となっているのが自分とわかればホーキンスについていけないという考えになる可能性があります。

バジル・ホーキンスの側に強そうな武士がいましたが、本心でバジル・ホーキンスに従っているのでしょうか?

もものすけの登場で再び上月家のために働き出したり、お玉の能力きびだんごを食べさせることで武士がルフィたちの味方にしていくことができますね。

 

援護とは誰か

狛犬がお玉を早く治療してもらうため、バジル・ホーキンスから離れようとした際、ゾロは追手の藁人形を倒しました。

バジル・ホーキンスは追うことをやめ、占いに出た「援護のカード」を信じます。

ここでいう「援護」とは、ルフィたちに誰か援護が出るということですが、誰かとはトラファルガー・ローの部下ベポたちのことなのでしょうか?

それともサニー号で離れたサンジたちなのでしょうか?

 

トラファルガー・ローの部下であるベポは、シャボンディ諸島編の時に強さを発揮しましたし、象の国出身でミンク族でもあるベポは、スーロンになれるので実力はかなりのものです。

ただし、他の部下の力はどのくらいかはまだわかっていません。

ルフィたちの味方としてしっかり戦力になってほしいですね。

スポンサーリンク

まとめ

以上、ワンピース913話のネタバレ&考察をお届けしました。

913話の最後に、ベポが登場しましたね。

ミンク族のベポは、トラファルガー・ローが率いる「ハートの海賊団」の一員です。

ハートの海賊団がいるということは、トラファルガー・ローもワノ国入りしているか近くにいる可能性が高いです。

今後の展開が楽しみです。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。