【ワンピース】現在の七武海の強さ一覧

スポンサーリンク

ワンピースには「王下七武海」という海賊が登場します。

ワンピース読者にも人気がある「王下七武海」には、規格外の強さを誇る強者たちがいて、ルフィ達と死闘を繰り広げる存在です。

メンバーの入れ替わりも激しい「王下七武海」ですが、今回はそんな「七武海の現在のメンバーと強さ」を一覧形式で紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

王下七武海とは

「王下七武海」とは、海軍本部・四皇と並ぶ「偉大なる航路」の三大勢力の一角であり、世界政府によって公認されている7人の海賊の総称であり「七武海」とも呼ばれています。

「七武海」は収穫の何割かを世界政府に納めることが義務づけられている代わりに、海賊や未開の地に対して海賊行為を行うことを許された存在であり、いわゆる「特権階級」です。

世界レベルの海賊たちが所属している「七武海」は、他の海賊たちからは「恐れられる存在」でもあります。

スポンサーリンク

現在の王下七武海一覧

現在の七武海では、トラガルファー・ローの脱退とドンキホーテ・ドフラミンゴの称号の剥奪により現在は5人となっていますが、2人も紹介していきたいと思います。

 

バギー

  • バギー海賊団の船長
  • 元懸賞金 1500万ベリー
  •  超人系悪魔の実「バラバラの実」の能力者

 

「バラバラの実」は体の各部分を自在に分離することができるバラバラ人間です。

バギーが七武海に入ることになったきっかけは、インペルダウン脱獄から頂上決戦の活躍により、海軍に目をつけれらたことではないでしょうか。

頂上決戦の時、バギーは白ひげから手を組まないかと言われたことがあります。

しかしこれは、バギーの能力を買っていたのではなく、バギーに従っていた囚人たちを味方につけるということが目的でした。

実は、バギーは元ゴール・D・ロジャーの一味で海賊の見習いとして乗船していました。

敵の船から奪った「バラバラの実」をうっかり食べてしまい、能力者となりました。

また、その船にはルフィが憧れた「赤髪のシャンクス」も乗船していました。

 

バーソロミュー・くま

  • 革命軍幹部
  • 元懸賞金2億9600万ベリー
  • 超人系悪魔の実「ニキュニキュの実」の能力者

 

「ニキュニキュの実」は瞬間移動や衝撃波を放ったり、人間から痛みをだけを取り出すことができます。

かつては海賊で「暴君」という異名として知られていました。

バーソロミュー・くまは世界政府の科学者Dr.ベガパンクに肉体提供をし、体の肉体のほとんどを改造されて改造人間となり、パシフィスタの第1号PX-0となりました。

現在は脳も失っているため、ただの人間兵器となっています。

バーソロミュー・くまがシャボンディ諸島でルフィ達を助けたことやサニー号を守ったことは今でも大きな話題となっています。

 

ボア・ハンコック

  • 女ヶ島「アマゾン・リリー」
  • 皇帝 九蛇海賊団船長
  • 元懸賞金 8000万ベリー
  • 超人系悪魔の実「メロメロの実」の能力者

 

「メロメロの実」は自分に見惚れた者を石化することだけでなく、物質に対しても有効です。

「海賊女帝」の異名を持っており、世界一と言われる絶世の美女です。

身体能力も高く10万人の中に1人と言われる「覇王色の覇気」の持ち主です。

12歳の時に、世界貴族の奴隷となり、その際に奴隷の証である天竜人の紋章を背中に焼き付けられ、さらには悪魔の実を食べさせられてしまい能力者となりました。

4年後に冒険家フィッシャー・タイガーによって奴隷達は解放され、18歳の時に「アマゾン・リリー」の皇帝となりました。

ボア・ハンコックはルフィの懐の広さに惚れてしまい、恋をしました。

その後、ハンコックはエースを助けるために力を貸して欲しいと頼まれ、ルフィのために七武海の招集に応じました。

 

エドワード・ウィーブル

  • 自称 白ひげJr.
  • 元懸賞金 4億8000万ベリー

 

まだ何の能力者かは明かされていませんが、悪魔の実の能力者だと思われます。

エドワード・ウィーブルは白ひげ海賊団の遺産相続を目論んでおり、白ひげ海賊団傘下をすでに16人も倒しています。

また、9年前に元海軍大将のゼファーの右腕を切り落としたのではないかと話題になっています。

エドワード・ウィーブルの正体は、これから明かされていくのではないかと思います。

 

ジュラキュール・ミホーク

  • 世界最強剣士
  • 元懸賞金は不明

 

ミホークの剣の名前は「夜」、最上大業者12工の1つです。

鷹のような鋭い目つきをしていることから異名「鷹の目のミホーク」と呼ばれています。

麦わらの一味のロロノア・ゾロが最大の目標としている人物です。

四皇の1人である「赤髪のシャンクス」とは過去にライバル関係にあり、それは今では「伝説」として語り継がれています。

「偉大なる航路」に進出した際に首領・ドンクリーク率いる50隻あまりの艦隊を暇潰しでたった1人で壊滅させました。

クリークを追った麦わらの一味は、海上レストランでゾロとミホークが初めて対峙しました。

ミホークは奥義である「三・千・世・界」でゾロを一太刀で粉砕しましたが、倒れたゾロに「この俺を超えてみよ ロロノア!!!」と言い放ち、その場を去りました。

頂上決戦後にクライガナ島シッケアール王国でゾロと再会し、2年間彼に覇気を教え、習得させました。

現在も、世界最強剣士として、王下七武海の一角として活動しています。

 

元・王下七武海も紹介

 

トラガルファー・ロー

  • ハートの海賊団船長
  • 懸賞金5億ベリー
  • 超人系悪魔の実「オペオペの実」の能力者

 

一定の範囲の中で、手術室のように支配することができる改造自在人間。

本名は「トラガルファー・D・ワーテル・ロー」であり、「死の外科医」という異名を持ち、「武装色の覇気」の使い手でもあります。

新世界編では王下七武海でしたが、麦わらの一味との同盟、ドンキホーテ・ドフラミンゴとの交戦により除名され、5億ベリーの懸賞金を再びかけられています。

 

ドンキホーテ・ドフラミンゴ

  • 元世界貴族
  • ドンキホーテ海賊団船長
  • 元懸賞金3億4000万ベリー

 

超人系悪魔の実「イトイトの実」の能力者。

体から糸を出し、相手を拘束・操作・切断できる糸人間で、雲に糸をかけ自由に空中を移動することができます。

「天夜叉」や「ジョーカー」などの異名を持ち、「覇王色の覇気」・「武装色の覇気」の使い手でもあります。

10年前にドレスローザのリク王家に罠を仕掛け、自らが王位の座につきました。

そして、闇のブローカー「ジョーカー」として人工悪魔の実SMILEを密売しており、四皇の1人であるカイドウをはじめとする新世界の海賊や国家と取引をしていました。

ドフラミンゴはドレスローザでの悪事が暴かれて、七武海の称号を剥奪されました。

 

まとめ

以上が「現在の王下七武海の一覧」でした。

王下七武海7人の中の2人が除名・剥奪されたので今後誰が入ってくるのかが非常に楽しみです。

また、まだまだ明かされていないことが多いので、今後の展開を期待して待ちましょう!

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。