【ワンピース】ルフィのギア4の種類や技をまとめてみた!

スポンサーリンク

尾田栄一郎先生作「ワンピース」の主人公・ルフィの必殺技といえば「ギアシリーズ」ですね。

しかし、新形態「ギア4(フォース)」は、今までのギアシリーズと少し雰囲気が変わっています。

ということで、今回はルフィのギア4の種類と技をまとめてみましたので、ご紹介いたします。

スポンサーリンク

ルフィのギア4の種類や技

 

弾む男 バウンドマン

王下七武海のドフラミンゴ対戦時に初登場しました。

ゴリラのように巨大化し、目に隈ができたり両腕や両足が黒くなっています。

この時のポージングは、まるで歌舞伎のようです。

 

左腕(の毛穴の中?)に息を思いっきり吹き込むと左腕が黒ずみ、「筋肉風船」ができます。

そのまま息を入れ続ける内に、そこから全身に息が行き届き、巨体化させていました。

この姿を見てあざ笑うドフラミンゴに、ルフィはこう話しています。

―おれは2年間!!怪物みてェにデカイ猛獣達と戦い続けてきたんだ

あいつらをねじ伏せるためにこの“巨体”と“弾力”が必要だった!!!

「尾田栄一郎「ワンピース」78巻より引用」

 

この言葉通りに、バウンドマン形態では地面に体がつくたび、ゴインゴインと弾んでいます。

また、バウンドマンはその弾力を活かし、なんと空を飛ぶこともできるようです。

この姿のまま、次々と技を繰り広げドフラミンゴを倒しました。

それでは、バウンドマン形態の技をいくつかご紹介しましょう。

 

ゴムゴムの猿王銃 コングガン

自分の拳をさらに太くなっている腕の中に引っ込ませ、その反動で一気にパンチする技です。

その衝撃は建物を崩壊させるほどなので、かなりの攻撃力があります。

 

ゴムゴムの犀榴弾砲 リノシュナイダー

簡単に言えば、猿王銃“コングガン”のキックバージョンです。

猿王銃“コングガン”の時と同じ要領で、太ももの中に足を圧縮させます。

さらに全体重を両足にかけ、一気にドフラミンゴを蹴ります。

 

ゴムゴムの大猿王銃 キング・コングガン

猿王銃“コングガン”の時よりさらに巨大な腕の筋肉風船を作り、相手に大打撃を与える技です。

 

ゴムゴムの大蛇砲 カルヴァリン

ゴム製の体を活かし、伸びた腕をカクカクさせながら方向転換ができる打撃です。

そのため一度避けられても、当たるまで追いかけることができます。

ドフラミンゴいわく、この時のルフィは武装色を纏っていたようでした。

 

ゴムゴムのダブル大蛇砲 カルヴァリン

大蛇砲“カルヴァリン”は片腕での攻撃です。

対して、このダブル大蛇砲“カルヴァリン”は両腕で攻撃します。

 

ゴムゴムの獅子 バズーカー レオ・バズーカー

両腕の中へ両手を圧縮させ、その反動を両手のひらに集中させて、相手に衝撃を与える攻撃です。

ドフラミンゴ対戦では、全体重や空中からの落下速度の威力を利用していました。

 

ゴムゴムの猿王群鴉砲 コングオルガン

この技が使われたのは、ビッグマムの10男・シャーロット・クラッカー対戦時です。

まるで増えたかのように見えるルフィの腕から、一斉に猿王銃“コングガン”を放っています。

実際は、腕が増えて見えるほど素早い動きで連打していたのです。

広い範囲で敵を攻撃できるので、敵が複数いる時に向いています。

しかし、この技を喰らっているビスケット兵達はガードができているのです。

通常の猿王銃“コングガン”より攻撃力がやや弱いのかもしれません。

続きまして、その他の形態について紹介します。

 

タンクマン

ビッグマムの10男・シャーロット・クラッカーとの対戦時の姿です。

お菓子のビスケットでできた兵士を食べ続けたことがきっかけで登場しました。

この時ルフィは、夜通し人間サイズのビスケットを食べ続けていました。

食べることが大好きなルフィでも、さすがに自らギブアップ宣言するほど極限状態でした。

そんなバウンドマン以上に巨大で、真ん丸な状態の時にギア4に変身すると、こんな姿になりました。

そのおかげなのか、お腹はとても強度が高くしなやかです。

 

キャノン・ボール

相手が打撃的攻撃した時、弾力性のあるお腹で、相手を思いっきり弾き飛ばします。

その衝撃が大きいほど、弾く力も大きいです。

この技を喰らったクラッカーやビスケット兵達は、誘惑の森を抜け、ホールケーキ城までぶっ飛ばされました。

しかし、タンクマンとこの技は、ルフィがその場で思いついた技のようです。

なので、タンクマンはどちらかと言えばギャグ要因ですね。

次で最後の紹介となります。

これから登場する形態は、最新コミック88巻時点ではまだ登場していません。

スポンサーリンク

スネイクマン

ギア4 全形態の中で最もスリムで、髪は少々長めで逆立っています。

それは、手足に武装色や筋肉風船を集中させているからだと思われます。

スネイクマンの初登場時は、ファイティングポーズを取っています。

バウンドマンやタンクマンに比べて力はやや衰えます。

しかし、その分最もスピードが抜群です。

ビッグマムの次男・シャーロット・カタクリとの対戦時に、この姿に変身しています。

 

ゴムゴムの大蛇砲 カルヴァリン

バウンドマンの時と同じ技ですが、スネイクマン形式はスピードや腕の方向転換の柔軟さが向上しています。

未来が見えるカタクリに対応させるために、進化させたのではないでしょうか。

 

ゴムゴムのJET大蛇砲 ジェットカルヴァリン

ジェット機のように、大蛇砲“カルヴァリン”を超高速させた技です。

伸び縮みのスピードアップしています。

 

ゴムゴムの黒い蛇群 ブラックマンバ

JET大蛇砲“カルヴァリン”に、超連打を加えている技です。

(おそらく)大蛇砲“カルヴァリン”の中でも最強技だと思われます。

 

ゴムゴムの王蛇 キング・コブラ

五本指を軽く曲げた状態の拳を作り、緩やかなカーブの状態で腕を伸ばし、カタクリを攻撃しています。

その腕は、スネイクマン形態での全ての技の中で最も太くなっています。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、ルフィのギア4新形態とそれぞれの技をまとめました。

どのスタイルも雰囲気が異なりますが、共通しているのは、目の隈と黒い両手足です。

ちなみに、アニメではやや赤茶色っぽいようですね。

 

また、どの形態でも一度変身が解けると、最低10分間は休憩を必要とする弱点もあります。

海賊王を目指すルフィは、これからもさらに必殺技が増えてきそうですね。

どんな新技が登場するのか、とても楽しみです。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。