【ワンピース】アーロン一味のメンバー一覧

ワンピースに登場するアーロン率いる魚人海賊団のアーロン一味。

今回はそんな「アーロン一味のメンバー」を一覧形式でまとめてみましたので、ご紹介します。

スポンサーリンク

アーロン一味とは

ワンピースの麦わら海賊団、4人目の仲間になった航海士ナミ。

イーストブルーのココヤシ村出身の彼女は、幼少から魚人アーロン一味の航海士としてイーストブルーの測量をしていました。

そして、そのナミの故郷であるココヤシ村を襲撃し、長年にわたって支配し続けてきたアーロン一味。

一味のボスであるアーロンは、元は偉大なる航路で魚人海賊団の一員でしたが、元魚人海賊団の船長「フィッシャータイガー」の死後、人間に復讐するために、海軍を襲撃しました。

しかし、海軍中将だった「黄猿」によって囚われの身となっていました。

ジンベエが七武海に入ることを条件に釈放されたアーロンですが、人間に媚びを売るジンベエのやり方が気に入らずにアーロンはジンベエと喧嘩。

その後、アーロンは魚人島には帰らず、他の魚人とともにアーロン一味となり、イーストブルーのココヤシ村に拠点を移しました。

アーロン一味のメンバーは、ジンベエのやり方に賛同しなかったメンバーと思われますが、そんなアーロン一味のメンバーについてまとめてみました。

スポンサーリンク

アーロン一味のメンバー一覧

 

アーロン(ノコギリザメの魚人)

懸賞金2000万ベリーで当時のイーストブルー最高額です。

魚人島の魚人街出身で、気性が荒く、自分たちを差別してきた人間を忌み嫌っています。

フィッシャー・タイガーがタイヨウの海賊団を結成するとジンベエと同じく海賊団の中心として働きました。

人間たちを殺そうとまではしなかったフィッシャー・タイガーやジンベエと違い、人間を心の底から憎み、命を取ることに対して躊躇しない残虐性を秘めていました。

タイガーが死ぬと、人間たちに復讐するため攻撃を加えますが、ピカピカの実の能力者・ボルサリーノに捕えられてしまいます。

1年間、海軍によって捕えられてしまいますが、ジンベエが七武海に入ることを条件に、再び世に放たれることになります。

ところが、七武海に入ったジンベエに対し、政府の人間の狗と罵り、自らが「魚人族の怒り」と称し、アーロン一味を再結成します。

仲間とともにイーストブルーに出たアーロンは、次々に島を襲い、アーロン帝国を築こうと企てます。

「子ども一人につき50万ベリー、大人一人につき100万ベリー」

アーロンは武力で人間たちを制圧していきました。

お金が払えなかった町は壊滅状態にされ、払えない者は殺されました。

その中で辿り着いたココヤシ村で、アーロンはノジコとナミの育ての親、元海軍のベルメールの家を見つけます。

10万ベリーしか蓄えのなかったベルメールは、アーロンに子どもがいることを告げ、殺されてしまいました。

アーロンはその時、ナミの航海士としての能力に目をつけ、仲間として連れて行きます。

人間たちの町を制圧していたアーロンは、海軍の第16支部ねずみ大佐に賄賂を渡すことで海軍からの摘発を避けていました。

「3億ベリーで村を解放してやる」との約束を信じ、ナミはアーロンのもとで航海士として測量を始めました。

しかし、ナミが3億ベリーを貯めたことを知ると、ねずみに知らせ、盗品であると摘発させました。

ナミの類まれなる測量の腕を買い、アーロンには始めから約束を守る気はありませんでした。

アーロンパークを築き、そこを拠点にしていたアーロンはナミを追ってきた麦わらの一味と戦います。

ノコギリザメの魚人であるアーロンは、その歯を攻撃力として生かし、ルフィを追い詰めます。

しかし、ルフィはナミが軟禁され、測量していた部屋を見つけるとその部屋を破壊していきます。

ルフィの怒りに触れ、アーロンはゴムゴムの戦斧により、自慢の鼻をへし折られ、再び海軍に捕らわれる身となりました。

 

ハチ(タコの魚人)

魚人島からアーロンについてきたタコの魚人です。

2本の足と6本の手があるので、6刀流の剣士としてゾロと戦いました。

その実力は魚人島No.22だと本人が語っている。

タコの魚人なので、口から墨を吐くこともできる。

アーロン一味の中では天然キャラでゾロを海軍大佐ねずみの仲間だと勘違いし、たこ壺で送ったりしている。

昔、子どもの頃にシルバーズ・レイリーと出会い、人間の中にもいい奴はいると思い、心の底から人間を憎んでいるわけではない。

麦わらの一味に敗れた後、アーロンと共に囚われたが脱走し、表紙連載にて海底で人魚のケイミーやヒトデのパッパグと出会い、たこ焼き屋を始めました。

新世界を目前にした麦わらの一味に再開し、ナミにアーロン一味にいたときのことを謝罪しました。

シャボンディ諸島でレイリーを紹介したり、天竜人への対応などをルフィに教えるなど、麦わらの一味の助けとなりました。

 

クロオビ(エイの魚人)

アーロンと同じようにタイヨウの海賊団に所属していました。

アーロンがジンベエと袂を分かったときに、アーロン一味としてイーストブルーにやってきました。

魚人空手40段の腕前で、百枚瓦正拳でサンジを吹き飛ばしました。

攻撃をするときに「エイ!」という掛け声を言います。

残忍な性格で、幼いナミを解放してくれとたてついたゲンゾウをナイフで切り刻んでいます。

プールに投げ込まれたルフィにとどめを刺すべく潜っていったところをサンジに止められます。

魚人の能力を生かし、一度はサンジを追い詰めますが、エラに空気を送り込まれ、水中から出たところをサンジに蹴り飛ばされました。

 

チュウ(キスの魚人)

ハチやエイと同じく、タイヨウの海賊団に所属し、ジンベエが七武海に入った後、アーロンとイーストブルーにやって来ました。

口に含んだ水を鉄砲のように飛ばすことができます。

残虐な性格の持ち主と思いきやどこか抜けている魚人です。

麦わらの一味のウソップと戦い、ウソップのうそやウソップ輪ゴ~ム、ケチャップ星などに騙されています。

ウソップにとどめを刺さなかったところを酒をかけられ火をつけられてしまいます。

最後はハンマーでめった打ちにされ、海軍捕らえられました。

 

モーム(海牛)

アーロン一味が魚人島周辺から連れてきた巨大な海獣です。

上半身は牛、下半身は魚のような出で立ちで、狂暴そうな歯を持っている。

ルフィ、サンジ、ヨサクが食事をしていたところに出現、ルフィに殴り飛ばされてしまいました。

サンジは餌付けしようとしましたが、モームがサンジを食べようとしたため、蹴り飛ばされてしまいました。

ルフィとアーロンが対峙していた時にアーロンに呼び出されますが、ルフィを見て怯えてしまいます。

アーロンに凄まれ、麦わらの一味を攻撃しようとしますが、角をつかまれて遥か彼方に投げ飛ばされてしまいました。

時は流れ、魚人島に向かう麦わらの一味に近づいてきたカリブー海賊団に船を曳かされていました。

しかし、ルフィたちを見つけたモームは一目散に逃げて行ってしまいました。

これによって、カリブーのみがサウザンドサニー号に取り残され、麦わらの一味を救うことになりました。

 

ナミ

幼少時にアーロンに連れて行かれ、軟禁状態で測量をさせられました。

村のみんなを救うために、3億ベリーを貯める覚悟を決めました。

村のみんなはナミの思いを知っていましたが、期待されていることを知るとナミが辛くなったときに逃げ出せないと知らないふりを続けました。

はじめはルフィたちがアーロンにやられないように、帰るように言っていましたが、泣きながらルフィに助けを求めました。

アーロン一味として入れられていた刺青を風車(ゲンゾウ)とみかんの木(ベルメール)に変え、アーロン一味から麦わらの一味へと移りました。

 

まとめ

ココヤシ村でのアーロンを見ていたら、ただのおそろしい魚人にしか見えませんが、シャボンディ諸島での差別やフィッシャー・タイガーの生き様などを見ると、人間と魚人のどちらが悪いのか分からなくなる気がします…。

アーロンの造った「アーロンパーク」が、「シャボンディパーク」にそっくりだったのは、アーロンが心のどこかで人間に憧れを抱いていたのかもしれません。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です