【ブラッククローバー】金色の夜明けメンバー能力一覧

スポンサーリンク

ブラッククローバーは週刊少年ジャンプで連載されている魔法使いをテーマとした漫画です。

魔力を持たないアスタという少年が国を収める魔法帝を目指すというストーリーとなっています。

ブラッククローバーには魔法騎士団という魔法帝に使えるそれぞれの強さの違う騎士団があります。

今回はその魔法騎士団の中でも一番強いとされ、主人公のアスタのライバルでもあるユノが所属している金色の夜明けのメンバーを紹介していきます。

スポンサーリンク

金色の夜明けメンバー一覧

 

ウィリアム・ヴァンジャンス

ウィリアム・ヴァンジャンスはクローバー王国の最強の魔法騎士団と言われている金色の夜明け団の団長です。

外見は常に魔法帝からもらった仮面をかぶっており、その仮面の下は黒いアザがあります。

元は恵外界の生まれとして見た目もあって酷い差別を受けていましたが、8歳で貴族に引き取られています。

そして、その後、魔法帝から誘われ魔法騎士団に入団した経緯を持ちます。

ウィリアム・ヴァンジャンスの魔法属性は世界樹です。

あまり戦闘で見せた回数は少ないですが、地面から木の根のようなものを出して他人の魔力を吸い取ることが可能です。

さらに、キテンの街を覆うほどの世界樹を作るなど強力な魔法を使いこなしています。

白夜の魔眼の党首であるリヒトと同一人物であると思われており、実際に仮面を脱いだ時にアザなども消えていますが、魔法属性が違うことなどいまだ不明点を多く持っています。

時期魔法帝とも言われる実力者です。

 

ランギルス・ヴォード

ランギルス・ヴォードは金色の夜明け団の副団長を務めています。

実は黒の暴牛団に所属しているフィンラルの弟にあたり、攻撃魔法を使えない兄のことをバカにしています。

ヴォード家の人間は攻撃的な空間魔法に長けており、その中でもランギルス・ヴォードは優秀です。

そのためヴォード家では兄のフィンラルではなく、ランギルスが次期当主候補とされています。

遠距離の物でも空間魔法をつかうことで削り取ることができるなど、強力な魔法をつかいこなせますが、民衆の被害を気にしないなど冷徹な性格の持ち主でもあります。

 

アレクドラ・サンドラー

アレクドラ・サンドラーは鋭い目と頬骨が目立った魔法使いであり、金色の夜明け団の団長であるウィリアム・ヴァンジャンスに忠誠を誓っています。

下民の出身なのにもかかわらず、才能がありウィリアム・ヴァンジャンスにも期待されているユノを嫌悪しています。

アレクドラ・サンドラーの魔法属性は砂です。

主に砂を操ったり、出現させて盾や武器などを作り出すことを得意としています。

作中では砂の匣という砂で相手を拘束する魔法をつかって、アスタを捕獲したり、砂鎧の番兵という魔法で砂を利用して兵士を創り出しています。

 

ハモン・カーセウス

ハモン・カーセウスは太ったまん丸の体と顔が特徴の魔法使いです。

優雅という言葉に敏感で、優雅さを大切にしています。

笑い方が特徴的で「オホホホ…」と笑っています。

性格は穏やかな人物であり、作中では王撰騎士団選抜試験でフェンリルたちとも仲を深めようと食事を提供しています。

硝子の花(ヴェールフルール) 地面から硝子を創りだし敵を攻撃する魔法です。

ハモン・カーセウスの魔法属性は硝子であり、硝子の剣(ヴェールエ) という地面から硝子の剣を出現させて攻撃します。

スポンサーリンク

クラウス・リュネット

クラウス・リュネットはメガネをかけた短髪の魔法使いです。

王貴界の出身であり、マジメで頑固な性格です。

また心配性な一面も持ち合わせています。

王貴界の出身であることから最初は下民であるユノやアスタのことを見下していました。

しかし、魔宮探索をすることでアスタやユノの活躍に感銘を受けて認めるようになっています。

クラウス・リュネットの魔法属性は鋼です。

攻撃にも防御にも強く優秀な魔法使いと言えるでしょう。

作中では鋼城の鎧壁という鋼でできた壁を作り出して攻撃を防いだり、旋貫の激槍という魔法に手ドリルのような回転する鋼の槍を作り出します。

 

ミモザ・ヴァーミリオン

ミモザ・ヴァーミリオンはフワフワとしたウェーブのかかった髪が特徴の女性です。

性格はおっとりとしていて優しいですが天然な一面もあります。

ミモザ・ヴァーミリオンは王族の出身でもあり、王族ヴァーミリオン家であることから珊瑚の孔雀団の副団長のキルシュが兄にあたります。

また、黒の暴牛団のノエル・シルヴァや紅蓮の獅子王団のフエゴレオン兄弟達とはいとこの関係です。

ミモザ・ヴァーミリオンの魔法属性は植物です。

主に回復魔法や探知系魔法が得意で最初はサポートに回っていましたが、後に攻撃魔法を使いこなせるようになっています。

過去にアスタに助けられたことからアスタに好意を持っています。

作中で使った魔法は、魔花の道標という魔宮の構造を把握できる探知系の魔法や、夢癒の花籠という植物で作られたゆりかごによって回復する魔法を使っています。

 

ユノ

ユノは金色の夜明け団に所属する少年であり、小さい頃からアスタと共に孤児として教会で育っています。

小さい頃から魔法の才能があり、魔導書(グリモワール)授与式では初代魔法帝も授かったと言われる「四つ葉」のクローバーの魔導書(グリモワール)を授かっています。

性格は冷静でクールな一面が多いですが、アスタには負けたくないという負けず嫌いな一面も持っています。

ユノの魔法属性は「風」であり、移動するための魔法から攻撃、防御など様々な魔法を多彩に操ります。

また、作中では魔宮内の探査の時に風の精霊「シルフ」の加護を受けており、シルフを使いこなしています。

 

まとめ

今回はブラッククローバーに登場する魔法騎士団の一つであり、魔法騎士団の中でも最強を誇る金色の夜明け団のメンバーやその能力について紹介しました。

金色の夜明け団の団長であるしかし、多くは語られておらず、謎を含んだままなので今後も注目です。

さらに、アスタとユノのライバル関係やどちらが先に魔法帝になるのかなど伏線や気になる部分が多いので、ブラッククローバーもその中の金色の夜明け団の動きも見逃せません。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です