【ヒロアカ】195話ネタバレで窮地を脱する心操の個性発動が熱い

スポンサーリンク

僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)195話のネタバレの要点をこちらにまとめました。

B組との共同戦闘訓練に臨むA組メンバーの前に現れた心操。

最初にA組チームに参加するも、いきなり窮地に陥ってしまい、早速個性を披露することになった心操が驚きの方法で個性を発動します。

「ヒロアカ195話のネタバレ要点をサクッと知りたい」というあなたはこちらからどうぞ!
 

スポンサーリンク

 

ヒロアカ195話のネタバレの要点まとめ

「ヒロアカ195話のポイントを押さえて内容を知りたい」というあなたはこちらからどうぞ。

 

燃える心操

体育祭で関わって以来の再開と、ヒーロー科編入に挑戦するという事実に驚く一同。

出久も心操との対戦で初めて歴代継承者の面影を見たことを思い出し、そのタイミングの良さについて考えていました。

相澤にあいさつを促された心操は、ヒーローとなる決意とライバル心をむき出しにした言葉を投げかけます。

(堀越耕平「僕のヒーローアカデミア」195話より引用)

 

チーム分け

心操の挨拶が終わると、工業地帯を舞台とした戦闘訓練が始まります。

それぞれのクラスで4人ごとのチームを作り、相手クラスの4人を捕えたほうが勝ちというルールの中にA組B組のチームに一度ずつ心操が混じる形式をとります。

くじの結果、心操はA組では切島や上鳴のチームに入り、B組では出久のいるチームと戦う物間のチームにそれぞれ入ります。

(堀越耕平「僕のヒーローアカデミア」195話より引用)

 

訓練開始

最初は蛙吹を中心に、上鳴の強力な個性で攻めたいA組と、茨を使う塩崎のいるB組チームの対戦。

固まって動くA組チームに対し、あえて塩崎を口田に発見させる囮作戦で接近してきた宍田に先制攻撃を受けてしまいます。

蛙吹は吹き飛ばされ、口田は遮音空間に閉じ込められ、隣に心操がいる状況で上鳴の放電もつかえず万事休すの状況。

しかし、一際大きく宍田を囃し立てるB組の声がした後、突然宍戸の動きが止まります。

(堀越耕平「僕のヒーローアカデミア」195話より引用)

先の声は、コスチュームの力によってクラスメイトの声を模した心操が語り掛けたもので、洗脳が成立します。
 

スポンサーリンク

 

ヒロアカ195話のネタバレの考察

ヒロアカ195話を読んだうえでの考察をまとめておきます。

 

さっそく大活躍の心操

コスチュームや個性の成長が気になっていた心操の戦闘ですが、初見殺しでしかないというハンデを克服し、いきなりの大活躍を見せてくれました。

言葉に反応するとかかるという厳しい発動条件をチューニングで声を変えることができるマスクを使い、相手の側にいる人物の声で語り掛けることでクリアしていました。

しかも、「パンドラ」なんていう厨二病の心をくすぐるカッコイイネーミングを引っ提げての発動でした。

マンガでは若干分かりづらいですが、演出としては十分面白いものでしたね。

さすがです。

 

索敵と防御の要であった蛙吹と切島の2人が吹き飛ばされ、口田もシャットアウトされ、目前に宍田が迫る状況で、冷静かつ迅速にチューニングをこなしたうえで、相手が言いそうな言葉で語り掛けるという16歳とは思えない判断能力を見せました。

さらには、マスクのしたに相澤が使っている硬度と伸縮性を備えた紐も巻いていましたから、もしかしたら相澤同様に接近戦もある程度カバーしてきているのかもしれません。

もし心操が今後大きな成長を果たした日には、マスクに拡声器の効果も追加して、一度に何人も洗脳できるようになるといよいよ将来ヒーローとしてトップランカーに駆け上がりそうですね。

 

といった具合に、試合の展開のことよりも将来のことのほうに想像が働いてしまうような活躍でした。

なんだか初期の頃の轟を見ているようでかなりワクワクしますね。

是非今後もコンスタントに登場してほしいものですが、個性の特性上、出番はかなり限られてくるでしょうから望み薄でしょうけど。

 

ワンサイドかシーソーゲームか

いきなりの劣勢から、奇襲の要となった宍田を手中に納めることに成功したA組先鋒チーム。

まだ序盤の攻防すら終わっておらず、ワンマンアーミーとも言える塩崎が残っている段階ですが、上鳴を残した状況で相手の機動力を奪ったのはかなり大きなアドバンテージにはなるはずで、このまま数の有利でもっていってしまうのではないでしょうか。

 

さらに、この後登場するチームにはそれぞれ爆豪と轟が分かれて配置されています。

個人技はもとより、他のA組メンバーより少しだけ協調性について学んできた2人ですから、かなり上手くチームをまとめ上げ、勝利に導くのではないでしょうか。

あるいはわざわざ5組目に主人公である出久がいますから、火ノ丸相撲やテニスの王子様の団体戦と同じ原理で、勝ち越しがかかった2対2の場面で主人公に回ってくるという形も考えられます。

そしてそのどちらの場合でも、B組ラストチームにいる物間の煽りが最高潮に達すること間違いなしですから、少なくともどちらかのクラスが1勝だけという展開にはならないと思われます。

 

出久のチームと対戦するのは厄介な相手

相手のB組5番手チームには因縁の心操に加えて、体育祭の時にワンフォーオールをコピーできるのかと読者の間で大きな議論を呼んだ物間がいます。

恐らくは「力を溜める個性」のため、何も起こらないはずですが、オールマイトが言っていたように爆散とまではいかなくても大怪我をさせる展開になっても嫌ですし、何もなかったら何もなったで、物間に不審に思われるでしょうから、出久としてはなんとしてもコピーされるのだけは避けたいところでしょう。

そして、今のタイミングで再び心操に洗脳されたら、今度は自分の中の継承者たちについて勘づかれるかもしれません。

 

勝ち負けよりも気にしなければならないことが多い出久にとって厳しいものとなりそうですが、そうしたピンチを吹き飛ばすような活躍を変化が起きているであろう出久の右腕が果たしてくれそうでもあります。

これは合同訓練の最終戦が終わる瞬間まで、ずっと楽しめそうですね。
 

スポンサーリンク

 

まとめ

ヒロアカ195話のネタバレを紹介しました。

A組B組の面々を前に、普通科で出遅れている状況と慣れ合うつもりはないこと、そしてヒーローへの強い想いを語った心操。

そんな態度が気に入られ、両組のメンバーにすぐに溶け込み、早速はじまった合同戦闘訓練でいきなり活躍してみせました。

合同訓練の初戦の結果はもちろん、心操の合否やそして、出久のいるA組5組目と物間と心操がいるB組5組目の戦闘で何が起きるのかなど、気になる点が盛りだくさんです。
 

スポンサーリンク

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。