【ヒロアカ】191話ネタバレでホークスが逆スパイだったことが判明

スポンサーリンク

僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)191話のネタバレの要点をこちらにまとめました。

深手を負いながらも全てを出し切ってようやく脳無ハイエンドを倒したエンデヴァーでしたが、満身創痍の状態で次なる敵、荼毘が現れました。

そして、ついにこれまで疑われてきたホークスの関与が明らかになりました。

「ヒロアカ191話のネタバレ要点をサクッと知りたい」というあなたはこちらからどうぞ!

スポンサーリンク

ヒロアカ191話ネタバレの要点まとめ

「ヒロアカ191話のポイントを押さえて内容を知りたい」というあなたはこちらからどうぞ!

 

2対1なのに・・・

エンデヴァーがいることは予想外だとしながら、個性の炎で周囲を取り囲み、増援を排する荼毘。

応戦しようとするエンデヴァーを庇い、なんとかすると語るホークスに向かい、「敵わない」という言葉とは裏腹に意気揚々と迫ります。

(堀越耕平「僕のヒーローアカデミア」191話より引用)

 

バニーヒーロー参上

そんなエンデヴァーのピンチに炎の壁を乗り越えてランキング5位のバニーヒーロー・ミルコが助太刀に現れます。

中継を見て駆けつけただけあり、即座に状況を理解し、荼毘に相対して蹴りを見舞うミルコでしたが、神野で苦戦を強いられたワープを可能にする黒い泥の中に消える荼毘を捉えることができず、あっさりと撤退を許してしまいます。

(堀越耕平「僕のヒーローアカデミア」191話より引用)

 

ホークスが逆スパイだったこと判明

戦いが終わった後、荼毘と密会するホークス。

予定と違う襲撃内容にホークスは怒りを露にしますが、脳無の性能と同時にホークスを試すためでもあったとする荼毘。

互いに今後も連絡を取り合うことを約束し、その場を離れます。

(堀越耕平「僕のヒーローアカデミア」191話より引用)

 

その帰り道、ヴィラン連合へのスパイ活動を命じられ、反論しながらも渋々了承させられていたことを反芻します。

そして、エンデヴァーの待つ病室へ赴きます。

スポンサーリンク

ヒロアカ191話のネタバレの考察

ヒロアカ191話を読んだうえでの考察をまとめておきます。

 

荼毘はエンデヴァー目当てじゃなかった

「エンデヴァーがいることは予想外だった」と言いながら、恨みがあることを前面に押し出していた荼毘。

しかし、ミルコ登場にあっさりと撤退してしまいました。

ミルコにまるで敵わないという話ではないのでしょうし、内通相手のホークスの他にエンデヴァーもいるなど、複雑な状況だったからの撤退だったのでしょうけど、やはり引き際が鮮やか過ぎます。

ミルコの乱入がなければ、どこまでやるつもりだったのでしょうか。

 

ホークスもろとも2人とも始末するつもりだったのか、あるいは動けない状態に留めて、笑いながら退散するつもりだったのか。

結局、脳無の回収もできていないようですし、ラストページにもの凄い惹きつけで登場した割に、謎ばかり残して去ってしまいました。

エンデヴァーとの直接対決が描かれるという楽しみが出来た反面、ちょっともやもやする終わり方になりました。

 

そして、撤退するときの人から人までのワープを可能にする黒い泥。

神野での決戦でオールフォーワンが使っていたものでしたが、まさか別の人間が使っていたものだったとは。

謎を明らかにしつつも新たな謎を残した荼毘の登場となりました。

 

ホークスの関与はあったけど

本当に、本当に疑って申し訳ありませんでした、ホークスさん。

「ヴィランの回し者なのではないか」と疑っていましたが、逆にヴィラン連合へスパイに入っていたということが判明しました。

エンデヴァーのこれまでの頑張りを心底認めている様子でしたし、なにより今回描かれたスパイを命じたヒーロー協会幹部(?)との口論の様子などから、ホークスが心からヒーローなんだと今回ようやく理解できました、はい。

 

自身の「長期的な視野」をヒーロー協会幹部(?)屁理屈に利用され、尊敬する先輩の苦しい姿を見た後でも憎むべきヴィラン連合の一人を前に、冗談の一つも言わなければならない状況。

心中察するにあまりあるというか、そりゃ葛藤のあまり怪しい挙動にもなるわということだったんですね。

しかも、多少の犠牲はやむなしという背広の男のクソッタレな発言や、荼毘が異常に強い脳無を市街地に送り込むという急な上に非情な予定変更の両方をねじ伏せるかのように、死者ゼロに抑える健闘まで見せました。

もう一度重ねてホークスさんにお詫びします。

疑ってしまって本当にすいませんでした。

 

次回は会話回?

そんな悩めるホークスが、戦いで傷ついたエンデヴァーの病室を訪れていましたが、早速自身の置かれている状況について話してしまうのでしょうか。

高いプロフェッショナル意識を持っていたホークスがそんな中途半端なことをしそうにありませんから、もしかしたら、エンデヴァーがとっくに気づいているというパターンかもしれませんね。

それで理解を示しつつ、もっと意地を見せろみたいな発破と激励をかけて、ホークスもエンデヴァーのように本気でナンバーワンを目指しにいくようになる、と。

そして、そのエンデヴァー自身も中継を見ていた息子焦凍やオールマイトが駆けつける可能性が極めて高いですから、今回の戦闘に関する総括的な会話がヒーローたちの間で交わされるのかもしれませんね。

 

加えて、またも意味ありげにラストページを飾った荼毘が、意味ありげなセリフを残して終わっていましたから、モノローグ・回想のみとなるかもしれませんが、荼毘のエピソードも少しありそうです。

戦闘続きでしたので、ここらでちょっと箸休めになる話になるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

ヒロアカ191話のネタバレを紹介しました。

限界を越えて戦闘を続け、ナンバーワンとしての最初の仕事を劇的な勝利で飾ったエンデヴァーの前に現れた荼毘でしたが、思いのほかあっさりと撤退し、ピンチに駆けつけたミルコの戦闘が見られなかったこと、荼毘とエンデヴァーの因縁が語られなかったことなど、描かれずに残念な点はいくつもありましたが、新たにこの先描かれるであろう謎もいくつか生まれました。

本来投入されるはずだった脳無の存在、ホークスがヴィラン連合に接触していることを共闘したエンデヴァーに伝えるのか、父親の壮絶なナンバーワン初仕事を中継で見た焦凍がどう思うのかなど、直近で描かれそうなことが山ほどあります。

そして、荼毘とエンデヴァーの直接対決やホークスがエンデヴァーのように全身全霊をかけてトップを目指すようになるのかといった、この先描かれるかもしれない展開の布石も多く張られました。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。