【ヒロアカ】188話のネタバレでまさかのエンデヴァーが敗北!?

スポンサーリンク

僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)188話のネタバレの要点をこちらにまとめました。

個性「剛翼」によって民間人の救助を終えたホークスが脳無との戦闘に加わり、戦いは第2幕へ。

しかし、知能を備えた脳無との戦闘は、思わぬ形を迎えます。

「ヒロアカ188話のポイントを押さえて内容を知りたい」というあなたはこちらからどうぞ。

スポンサーリンク

ヒロアカ188話のネタバレの要点まとめ

「ヒロアカ188話のネタバレ要点をサクッと知りたい」というあなたはこちらからどうぞ!

 

白い脳無を放出

指から繰り出す炎の斬撃「ヘルスパイダー」により、脳無を切り刻んだエンデヴァーは、そのまま倒壊したビルを粉々にしようとします。

残った破片を剛翼で取り除いていくホークス。

トップヒーロー2人の苦戦を見て、加勢に入る地元のヒーローたち。

 

しかし、それを受けて脳無は体内から白い脳無を街に放ち、ヒーローたちを牽制します。

(堀越耕平「僕のヒーローアカデミア」188話より引用)

 

早めに勝負を決めたいエンデヴァー

保有している個性の多さと、それを状況に応じて使いこなしていることに驚愕するエンデヴァー。

さらには連続して個性を使えない自身の弱点まで見抜かれ、早めに決着をつけるべく巨大な脳無の体を覆うほどの大火力で焼き尽くそうとします。

しかし。


(堀越耕平「僕のヒーローアカデミア」188話より引用)

 

エンデヴァー敗北?

全身が消し炭になるも、技を受ける直前に首の一部を飛ばしていた脳無の策にハマり、不意打ちで顔面に攻撃を受けてしまいます。

その様子をテレビ中継で見ていた轟兄弟、そして、雄英教師たちに動揺が走ります。

(堀越耕平「僕のヒーローアカデミア」188話より引用)

 

そして、血まみれになった父エンデヴァーの姿を見て、強く歯ぎしりする轟。

「息子が誇れる父になる」と語ったエンデヴァーの言葉が反芻されます。

スポンサーリンク

ヒロアカ188話のネタバレの考察

ヒロアカ188話を読んだうえでの考察をまとめておきます。

 

次週はエンデヴァー覚醒?

初めての黒い脳無との一騎打ちでのガチ戦闘で、力の差を見せつけられてしまったエンデヴァー。

戦闘の中で気になったのは、自身の個性の弱点を脳無に言い当てられた際のつぶやきでした。

 

「上位互換の強個性を生み出すために冷と強引に結婚した」と息子焦凍が言っていたように、登場初期のエンデヴァーの口ぶりや性格からも、本当に個性のためだけに娶ったんだなと思っていたら、ここへきて実はそれだけじゃなかったんだと思わせる描写が出てきました。

「だからおまえを」と内心に呟きながら、冷の横顔を見るエンデヴァー。

 

そこには上位互換の個性を生むためだけでなく、個性の弱点を埋めるためだけでもなく、己が身さえ焼き尽くしてしまうほどのナンバーワンへの強い想いを鎮めてくれそうな穏やかさを持った冷という存在に対する憧れのようなものが感じられました。

またまたエンデヴァーの人間味に深みが増す流れとなり、「この窮地をどう乗り切るのか」という期待がさらに高まりました。

息子焦凍に活躍と変化を誓い、保須で最後の力を振り絞って戦うオールマイトの姿も見ていたエンデヴァーが、これで退場とはならないでしょうから、次週で死力を振り絞った奮闘が見られることを期待します。

 

ホークスは何をしていた!?

肉片ほどの細胞からでも再生したり、命令ではなく思考して戦闘を行ったりと、脳無が想像以上に強かったこともありますが、エンデヴァーが致命傷を負った理由の半分は、十分に加勢できなかったホークスにあるのではないでしょうか。

せっかく合流したのにまた大事なところで別行動です。

 

いくら白い脳無から民間人を守っていたとは言え、本体の黒い脳無を倒さなければ周囲の被害はさらに広がるため、あの場は他のヒーローに任せて、エンデヴァーと共に黒い脳無を攻撃するしかなかったはず。

エンデヴァーを信じて任せたのかもしれませんが、なんだか今の状況に至るまで全てが脳無にとってトントン拍子すぎて不気味に思えてしまいます。

 

やはり自分が1位になるために、エンデヴァーをおびき出し、脳無と戦わせ、エンデヴァーがやられたところを自身が攻撃し、いったん退いてもらうという作戦なのではないでしょうか。

脳無が街の破壊ではなく「強いヒーロー」と言い続けているのもまた、そんな疑いを抱いてしまう原因の一つです。

 

ヴィラン連合としてはトップヒーロー相手の実験と排除ができ、ホークスとしても順位の繰り上げと評価アップができるという両者が得する展開ですが。

例えそうじゃなかったとしても、あまりにもヴィラン側とホークスに都合の良いように動いているように思えてなりません。

ホークスが嫌いなわけではありませんが、なんだか腑に落ちません。

 

ホークスの羽は着脱式だった

そんなホークスの個性について、今週も新たな情報が入りました。

個性の剛翼は着脱式で、射出した後は自由に動かせる代わりに、射出しすぎると飛んでいられなくようです。

確かに、打ち出したそばから新しいものが生えてくるのではおかしいですし、なにより強すぎますよね。

ブリーチに出てきた千本桜みたいになってしまいますからね。

 

千本桜といえば、剛翼を集めて刀のような形にして白い脳無を切り刻んでいるシーンもありました。

「自在に動かせる」という個性の性質から、遠距離型なのかと思っていたら、やっぱり見た目通りの機動力を生かしたダイナミックな接近戦もできるというカッコよすぎる戦闘スタイル。

だからこそ、今週のエンデヴァーにもっと加勢してほしかったという思いが強くなってしまうのですが。

 

まとめ

ヒロアカ188話のネタバレを紹介しました。

ビルの倒壊による周辺への被害をエンデヴァーとホークスの個性を使って切り抜け、ようやく2人揃って脳無と相対する状況を作ったトップヒーロー2人。

さらには地元のヒーローたちの加勢により、一気に脳無を叩こうとします。

 

しかし、1体1の状況が崩れるや否や、脳無はすかさず体内から白い脳無を何体も放出し、街を襲わせます。

ホークスが対応している間に、再び脳無との一騎打ちになったエンデヴァーは、相手の意外な賢さを知り、勝負を急ぎます。

大火力での攻撃は再生力を活かした捨て身の引き金になり、致命傷を受けてしまいます。

中継で見ていた親族やヒーローたちに動揺が走り、トップヒーローとしての最初の任務でいきなり正念場を迎えます。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。