【ヒロアカ】186話ネタバレで新型脳無「ハイエンド」が襲来

スポンサーリンク

僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)186話のネタバレの要点をこちらにまとめました。

下半期のヒーローランキング発表会にて、2位のホークスが1位のエンデヴァーを試すような発言をするも、オールマイト引退以降、変わり始めたエンデヴァーはそれに見事に応えてみせました。

発表会終了後、先刻の行為に対して憤るエンデヴァーに対し、チームアップの要請をしたホークス。

2人は早速行動を開始していましたが、そこへ早くも例の脳無が襲来します。

「僕のヒーローアカデミア186話のポイントを押さえて内容を知りたい」というあなたはこちらからどうぞ!

スポンサーリンク

ヒロアカ186話ネタバレの要点まとめ

「ヒロアカ186話のポイントを押さえて内容を知りたい」というあなたはこちらからどうぞ!

 

緊急タッグ結成

脳無捜索と討伐のためにホークスとチームを組み、ホークスの地元九州へと来ていたエンデヴァー。

会話をしながらでも羽を射出して犯罪を防いだり、車道に飛び出た犬を救ったり、老婆の手助けをしたりと、性格と同じくヒーロー活動にも落ち着きのないホークス。

 

その様子に気づいた衆目に囲まれ、次第に現場は2人のファンサービスの場と化します。

(堀越耕平「僕のヒーローアカデミア」186話より引用)

 

ホークスの理想

鶏肉料理の飲食店に入り、大きな窓のある個室で食事をしながら今回の件についてホークスから話を聞かされていたエンデヴァー。

確証もなく声をかけたことは確かでも、絶え間なく噴き出してくる噂の種を吹き飛ばすためにエンデヴァーを呼んだのだと言い、自身の求めるヒーロー像についても語ります。


(堀越耕平「僕のヒーローアカデミア」186話より引用)

 

脳無襲来

突如、窓の外に異様な光景を捉えたエンデヴァー。

気づいたホークスも振り返って窓の外に目をやると、そこには高速で飛来する脳無の姿が。

そのまま窓を破って2人のいる部屋に突入してきます。

ホークスに建物内にいる民間人の非難指示を出し、エンデヴァーは1人脳無に立ち向かいます。

(堀越耕平「僕のヒーローアカデミア」186話より引用)

 

新コスチュームの装備の1つを駆使し、炎に指向性を持たせて打ち出し、部屋から脳無を弾き出したエンデヴァー。

「俺を見せてやる」とランキング発表会での言葉を持ち出し、脳無との戦いに挑みます。

スポンサーリンク

ヒロアカ186話のネタバレの考察

僕のヒーローアカデミア186話を読んだうえでの考察をまとめておきます。

 

早速脳無が登場

前回ラストで姿だけ見せていた歪な脳無が、さっそくホークスとエンデヴァーの元に襲来しました。

とはいっても、まだ登場時に見えていたマスキュラーのような異常に多い筋繊維を使っての移動とパンチのみで、まだ脳無の代名詞である多個性同時保有の本領は発揮していません。

よっぽどの高性能なのか、あるいはエンデヴァーとホークスのそれぞれと相性の良い個性を保有しているのか、たった1体で襲撃してきました。

ヒーロー業界を新たに背負って立つ2トップ相手に、どんな戦いを披露するのか。

 

ただ、これまでに2回戦闘に参加した脳無は一体たりとも存在しないため、今回の脳無がそれと同じ道をたどるのかどうか気になりますね。

せっかく前回ラストの煽りにまで登場した新しい脳無だけに、ただ一度の戦闘で終わるということも考えづらいですが、果たして?

 

ところで、2人が入った店に都合よく飛来してきましたが、偶然なのでしょうか。

本当にいると信じて用意してきたエンデヴァーはともかく、噂でしかないと言っていたホークスが少しも驚いた様子がなかったのが気になります。

巡回に来ているのにあえて標高の高い店を選んだ点も気になりますし、ホークスとヴィラン連合が繋がっているわけではないとしても、やはりホークスはあやしいですね。

杞憂ならいいのですが。

 

エンデヴァーのガチ戦闘

そんな脳無の襲来に対し、新コスチュームとなったエンデヴァーですが、早速初めて技を披露するという大盤振る舞いを見せてくれました。

左腕につけた装置に炎を蓄積し、一点集中して放出するという、出久のエアフォースと同じ原理の技を使っていました。

対脳無用なのか、あれだけの威力で普通のヴィランに向けて打ったら耐熱持ちでもない限り穴が空いてしまいそうです。

実際、過去最大レベルの大きさを誇る脳無が一撃で吹き飛ばされていました。

 

そして、なにげにエンデヴァー1人でガチの戦闘に臨むのはこれが初めてですよね。

ホークスが民間人の避難を完了するまでの間に、どんな攻防が繰り広げられるのか、注目したいところです。

 

ホークスの羽の汎用性

そうしてエンデヴァーが戦っている間、民間人の避難のために戦闘参加が遅れてしまっているホークスですが、個性を使っている描写がありました。

高速で打ち出した羽で攻撃したり、見もせずに打ち出した羽を自在に動かしたりしていました。

自身の体から離れたものを動かす個性は、他に肉倉精児がいますが、ホークスのそれは汎用性が違います。

その自由度たるや、早く動くだけでなく、ゆったりふわふわと漂いながらおばあちゃんの持っていた荷物を運ぶという繊細な動きまでこなしていました、

これは男のロマンの1つ、オールレンジ攻撃も披露されそうで、いまから楽しみで仕方がありません。

 

それにしても、会話をしながら個性を使わせることで、落ち着きのないホークスの性格を表現しつつ、個性についての情報も小出しにしていく絶妙な加減。

ミリオ登場あたりから段々と個性の明かし方が巧妙になってきていて、いきなり「個性:〇〇」と書かれていなくても楽しめるようになりましたね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は僕のヒーローアカデミア186話のネタバレを紹介しました。

ホークスからのチームアップ要請に応えて九州を訪れていたエンデヴァーは、ファンサービスもそこそこに、脳無探しの作戦についてホークスに尋ねます。

個室で食事をしながら話をしていると、確証もなく九州まで来ていたことを白状するホークス。

承知のうえで、エンデヴァーなら噂を消し飛ばし、市民の不安を和らげ、自身のヒーロー活動を暇なものにしてくれると信じていると、持論を展開します。

 

そのとき、窓の外から飛来した脳無によって、噂が現実のものとなります。

用意をしてきたというエンデヴァーは、早速新コスチュームを使って応戦します。

新しい脳無に内包されている個性とは、そして、そんな脳無にエンデヴァーとホークスはどう立ち向かうのか。

文化祭の知られざる激闘から一転、今度は業界を揺るがす大激闘となりそうです。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。