【ヒロアカ】181話ネタバレで雄英文化祭続行!

スポンサーリンク

僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)181話のネタバレの要点をこちらにまとめました。

出久とジェントルによる戦いは、出久の気合と機転、そしてラブラバの個性の効果が切れたことで完全に決着となります。

その状況に、ラブラバの罪を少しでも軽くするため出久を戦いの場から追い出し、自らも駆けつけたハウンドドッグとエクトプラズムに自首を申し出ます。

「僕のヒーローアカデミア181話のポイントを押さえて内容を知りたい」というあなたはこちらからどうぞ!

スポンサーリンク

ヒロアカ181話ネタバレの要点まとめ

 

尋問開始

駆けつけたハウンドドッグとエクトプラズムの分身を前にし、自首をすると申し出たジェントル対し、ハウンドドッグによる尋問が始まります。

あきらかな戦闘の後があっても、あくまでも戦闘はなかったと主張するジェントルですが、3人目、それも雄英生徒の匂いがすると凄まじい迫力でもって問い詰めるハウンドドッグ。


(堀越耕平「僕のヒーローアカデミア」181話より引用)

 

出久到着により収束

再び戦闘の現場に合流した出久にも戦いはあったのかと問いかけるハウンドドッグに対し、出久は正直に戦闘があったことを告白します。

それでも、目の前で繰り広げられたラブラバを想ったジェントルの一連の行動を汲み、もう大丈夫だと付け加えます。

ハウンドドッグは出久の言葉を信じ、緊急事態とは判断せず、引き続き警戒に当たることでその場を収めます。


(堀越耕平「僕のヒーローアカデミア」181話より引用)

 

A組の出し物がスタート

エクトプラズムのオールマイトが心配していたという言葉で我に返った出久は、A組の出し物の開始時間まで1時間を切っていることも知らされます。

買い出しの袋を取りに行く間にジェントルの言葉を反芻し、自身とジェントルとを比べ、またヒーローとして戦う理由も自問します。

 

一方、一向に戻らない出久を心配していたA組はすでに舞台裏に控えていました。

客席にも期待に胸を膨らませる人たちが開演を待っていました。

間一髪どん帳が上がる前にA組に合流した出久は、客席で見ているエリに大きく手を振ります。


(堀越耕平「僕のヒーローアカデミア」181話より引用)

 

そして自問の答えとして、戦う理由はエリが見せる笑顔のためなのだと内心に呟きます。

スポンサーリンク

ヒロアカ181話ネタバレの考察

僕のヒーローアカデミア181話を読んだうえでの考察をまとめておきます。

 

対ジェントル、完全に幕を下ろす

前回時点で戦闘そのものは終わっていましたが、ジェントル戦の最大の焦点であった文化祭の開催は謎のままでした。

そして迎えた裁きの時。

予想通りハウンドドッグとエクトプラズムの計らいによって文化祭は中止とならず、出久の孤独な戦いも報われる結果となりました。

これで雄英体育祭に続き、文化祭も何事もなく終わりそうです。

 

次回は轟や爆豪が参加した仮免講習の時のように、戦いではない「魅せ回」となりそうですね。

最後はその出し物によってヒーロー科を疎んでいた普通科との因縁を晴らし、文化祭編の完全決着となるのではないでしょうか。

雄英文化祭に臨む全ての人の想いを守り切った出久になんらかのご褒美がありそうではありますが、それはまた次の展開に入ってからとなりそうです。

 

出久、また大きくなる

今回のジェントル戦では、初めての実践投入でいきなり空砲を成功させたり、エアフォースを指の数だけ打ち出す応用技を見せたりと、出久の実力面の成長が大きく描かれました。

一方、第3者から見ればまるで軽薄でしかなかったジェントルの動機も、出久はしっかりと自分と重ね合わせて考えていました。

これまでにも合宿での洸太との出会い、爆豪とのケンカ、ナイトアイの教えによって精神的な成長を果たしてきましたが、今回のジェントル戦で根っこの部分を見直す機会を得て、よりヒーローとしての足場を固めた印象です。

 

「要らなかった」という意見も多い今回の戦闘も、そうした意味ではやはり必要だったと思います。

何せ出久はワンフォーオールという個性をこの先もずっと持ち続けるわけではないのですから。

ヒーローとしてだけではなく、師・オールマイトのようにいつか再び無個性となったときに変わらず人の役に立てるかどうかも決定づける重要な回だったのではないでしょうか。

 

次こそ本物のヴィラン登場か

さて、文化祭が無事に開かれたばかりで、いまだジェントルやラブラバのことも気になるところではありますが、みなさんも関心はすでに次なる展開の方に傾いているはず。

ヴィラン連合の次なる動きや、オールフォーワンの残していった脅威の存在など、気になる引きのまま今回の文化祭編に入ってしまっていましたから、余計に次の話が気になります。

エアフォースの習得により、ジェントルのように機動力も汎用性も上の個性を持った相手にも肉薄できるようになったことは大きな収穫で、今後のヴィランとの戦いも今まで以上にアクロバットなものになりそうです。

 

ただ、レベルアップした後には必ず壁にぶつかるのが少年漫画の基本。

これまでにもフルカウル習得直後にステインと戦い、夏合宿で壁にぶつかり、シュートスタイルに辿り着くという経緯もありましたし、やはり次のヴィランはエアフォースさえも効かない相手となりそうです。

 

となれば、次に登場するのはお待ちかねのヴィラン連合でしょうか。

エリちゃんが明るくなってきたのも、大きな影が差す前触れのように思えてなりませんし、読者は皆ここまでのジェントル戦でワクワクドキドキが続いていますから、あまり間を置かずに次なる脅威の登場となってもおかしくありません。

スポンサーリンク

ヒロアカ181話ネタバレのまとめ

今回は僕のヒーローアカデミア181話のネタバレを紹介しました。

ジェントルがおとなしく自首をしたこと、出久の証言、そしてハウンドドッグの優しい判断によって文化祭は中止の憂き目に合わずに済みます。

 

ジェントルが送った悲しい過去や自身に送られた(激励?)の言葉から、戦う理由を自問した出久は、エリが見せるような笑顔のためだと決意をあらたにします。

短くも高い緊張感と濃い内容で進められたVSジェントルはこれにて完全に幕を下ろしたようです。

物語の展開がフラットになり、次は再びヴィラン連合との戦いとなるのでしょうか。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。