【ヒロアカ】180話ネタバレで出久VSジェントルついに決着!!

スポンサーリンク

僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)180話のネタバレの要点をこちらにまとめました。

世を騒がせてきたヴィランたちと違い、身勝手かつ薄い動機を笑われても構わないと語るジェントルに対し、笑わないよと鷹揚に応え、正面からぶつかっていく出久。

雄英文化祭の命運がかかった知られざる激闘は、意外な形で決着を迎えました。

「僕のヒーローアカデミア180話のポイントを押さえて内容を知りたい」というあなたはこちらからどうぞ!

スポンサーリンク

ヒロアカ180話ネタバレの要点まとめ

 

さらに猛るジェントル

初めて真正面からぶつかる肉弾戦に持ち込んだジェントルをフルカウルで受け止めた出久でしたが、ラバーモードの効果が上昇したジェントルに徐々に力負けしてしまいます。

ヒーローを目指す理由を問われ、支えられて来た人に応えたいという想いをぶつけます。

それに対してジェントルは自身も同じ想いだと静かに漏らします。

(堀越耕平「僕のヒーローアカデミア」180話より引用)

 

近づく終焉

一方、ラブラバはジェントルの勝利を信じて雄英潜入のためハッキング作業に入ります。

しかし、前回の冒頭ですでに異常を察知していたハウンドドッグは、学園の教師の一人、エクトプラズムを連れて2人の戦いの場に近づいていました。

(堀越耕平「僕のヒーローアカデミア」180話より引用)

 

意外な幕切れ

空中にいくつも幕を張り、室内のグラントリノの如く乱反射移動をするジェントルを捉えるべく、左手4本指を使ったエアフォースを咄嗟に打ち出した出久。

空砲がヒットし空中でバランスを崩したところに、渾身のシュートスタイルが今度こそ完全に拘束されてしまい、さらには効果が短時間に限られているラバモードが切れてしまいます。

ラブラバに逃げるよう伝えますが、「離れるくらいなら死ぬ」と言い応じてもらえず。

本当に死を選びかねないラブラバを救うためにジェントルの出した答えは、

(堀越耕平「僕のヒーローアカデミア」180話より引用)

 

出久を現場から放り出し、駆けつけたエクトプラズムとハウンドドッグに自首をすることでした。

スポンサーリンク

ヒロアカ180話ネタバレの考察

僕のヒーローアカデミア180話を読んだうえでの考察をまとめておきます。

 

戦いは決着、でも?

意外な戦闘力の高さを誇ったジェントルとの戦いもついに決着。

しかし、出久にとって重要なのはここからです。

果たして現場に到着したエクトプラズムとハウンドドッグがどんな判断を下すのか。

侵入未遂が発生した事態を重く受け止め、ジェントル以外にも誰か別の不届き者が現れる可能性があるとしてすでに開催してしまっている文化祭を中止としてしまうのか。

あるいは一度現場を離れた出久の口添えでジェントルの件は文化祭が終わるまで一部の教師陣だけの秘密とするのか。

 

これまで何度もA組とも授業を共にしているエクトプラズムのこと、「…マア、警報ガ鳴ッタワケデハ無イカラナ」とか言って、上手く収めてくれそうではありますが。

可能性は低そうですが、ジェントル自身が「私のような小物には構わず、文化祭は予定通り進めてくれたまえ」的なことを言いそうでもあります。

仮に2人の判断が文化祭を中止にする方向に動いたとしたら、今度はエクトプラズムとハウンドドッグに向かって緑谷が攻撃しかねませんねw

 

ジェントルはどうなる?

出久が見事ジェントルを止めたことで、文化祭がどうなるかは駆けつけた2人のヒーローの判断に委ねられました。

そして気になるのはジェントルの今後です。

これまでに登場したヴィランたちのように重罪を犯しているわけではないので、ここで自首をして罪を償い、短い更生期間を経て、すぐに再登場を果たすではないでしょうか。

 

ただ、持ち前の抜けた性格までは治せないでしょうから、社会復帰しても通常の社会奉仕はムリそうです。

となるとやっぱり仮想ヴィランの戦闘訓練相手として雄英に極秘裏に雇われる可能性もありそうです。

あるいは更生するきっかけとなった出久のため、そしてもう一度ヒーローを目指すため、ヒーローたちの大事な戦いで援護に駆け付けるのではないでしょうか。

最高に憎めないやつなだけに、再登場は誰もが望んでいることでしょう。是非何らかの形でもう一度登場してほしいものです。

 

ラブラバはどうなる?

そしてもっと気になるのがラブラバの処遇などの今後です。

ヒロアカでは毎度お馴染みとなってきた事件の当事者である子ども。

それが今回は救われる側ではなく、敵として出てきましたから、一体どんな処遇となるのか気になります。

 

ハッカーとしての罪を告白してジェントルと共に裁かれようとするのか、ジェントルの計らいに従い、侵入未遂という軽い罪で許してもらおうとするのか。

死ぬとさえ言っていたラブラバのこと、前者の流れが濃厚な気もしますが、愛するジェントルの想いを踏みにじってまでジェントルの側にいようとはしなさそうでもあります。

そして処遇も気になりますが、ジェントル同様再登場の仕方も気になります。ヒーロー見習いとして再スタートを切ったジェントルのサイドキックとして登場するのが濃厚そうです。

 

話は逸れますが、ラブラバのような子どもの敵は今後も出てくるかもしれませんね。

世代を追うごとに子どもたちの個性が強力になってきているという話も出てきていましたし、オールフォーワンが個性を配った右腕の中にそういった子どもがいないとも限りません。

今回のラブラバに対する処遇は、今後そうした子どものヴィランを倒した時の処遇の仕方にも関わってくる部分かとも思いますので、些細な点かもしれませんが注目してみたいと思います。

スポンサーリンク

ヒロアカ180話ネタバレのまとめ

今回は僕のヒーローアカデミア180話のネタバレを紹介しました。

互いに譲れない想いをぶつけ合う戦いは、出久の機転とラブラバの個性・ラバーモードが切れてしまったことでついに決着を見ます。

そして異常を察知したハウンドドッグと共に現場に駆け付けたエクトプラズムに対し、自主を申し出るジェントル。

ジェントルVS出久のもう一つの焦点、文化祭が中止されてしまうのかどうかが次週判明しそうです。

どうか文化祭を中止にしないでほしいものですが、果たして?

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。