【ヒロアカ】179話ネタバレでジェントルの過去が判明、譲れない理由!

僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)179話のネタバレの要点をこちらにまとめました。

ジェントルの弾性を付与する個性を攻略し、エアフォースをジェントルに直撃させ、さらには2人を拘束することに成功した緑谷出久。

しかし、窮地で発動したラブラバの個性により飛躍的な肉体強化を得たジェントルによって拘束を解かれてしまい、戦いは最終局面に突入します。

「僕のヒーローアカデミア179話のポイントを押さえて内容を知りたい」というあなたはこちらからどうぞ。

スポンサーリンク

ヒロアカ179話ネタバレの要点まとめ

 

戦闘は佳境に

ラブラバの個性により超人的なパワーアップを果たしたジェントルに拘束を解かれ、手刀まで食らってしまったものの、すかさず近距離での渾身のエアフォースで反撃する出久。

夢や想いという言葉を投げかけてくるジェントルに対して、出久は同じ想いでいる雄英の生徒たちや、ジェントル自身のことを省みるように叫ぶ出久。

(堀越耕平「僕のヒーローアカデミア」179話より引用)

 

若き日のジェントル

ヒーローを目指していたものの、抜けた性格とトラブルを引き寄せる星回りが足を引っ張り、ヒーローになるどころか実家も追い出されてしまった若き日のジェントル。

夢破れた自身とは対照的に、ヒーローになる夢を叶えた同級生に名前すら覚えてもらっていないことに絶望し、名前を残すことに固執するようになったことを思い出します。

(堀越耕平「僕のヒーローアカデミア」179話より引用)

 

あくまでも真剣勝負を貫く緑谷

雄英に侵入することで「犯罪史」に名前を残すことは絶対に譲れないというジェントル。

他のヴィランたちと比べて自身の動機が薄いことを出久に笑われても構わないと叫ぶジェントルですが、出久はそれに真摯に応えます。

(堀越耕平「僕のヒーローアカデミア」179話より引用)

 

飛び道具も使わず、気持ちと気持ち、肉体と肉体を激しくぶつけ合います。

スポンサーリンク

ヒロアカ179話ネタバレの考察

僕のヒーローアカデミア179話を読んだうえでの考察をまとめておきます。

 

ジェントル、あんたって人は・・・

登場からずっと「どこか憎めなかったやつ感」を漂わせてきたジェントルが、完全に「憎めないやつ」になってしまいました。

さらに過去ヒーローを目指していたということで、ジェントルの意外な戦闘力の高さの秘密も明かされました。

強力な個性を持っていてもヒーローになれなかったジェントルと、無個性ながらも最強のヒーローから個性を受け継ぎヒーローの道を駆け上がっていく出久という対照的な2人。

 

これはもしかしたら「きっと僕もあなたのようになっていたかもしれない…」や「それだけ強いなら、それだけ社会を憂うなら、まだヒーローとしてやり直せるじゃないか!」といった感じでジェントルと和解する展開もありそうです。

ジェントルが怒りを感じているのは他人でも社会でもなく、人の想いに応えられなかった自分自身へ憤慨しているわけですから、更生する余地は十分あるように思います。

しかも戦う分には相性が悪い2人の個性ですが、協力すればこれほど相性が良い個性もありません。

可能性は極めて薄いかもしれませんが、罪を償った後はサイドキックならぬ相棒として組んでくれないかと出久が申し出る展開もあるのかなと思いますが。

 

ヴィランとヒーローとしてではなく、夢破れた中年と夢追う少年、そして男と男の真剣勝負の様相を呈してきた文化祭をめぐる孤独な戦いは、個人的には雄英文化祭での緑谷出久VS轟以来の高ぶりを感じています。

悪と戦う構図が多くなりがちなヒロアカにおいて、こういう展開はなかなか見れるものではありませんから、ここ数話分が収録される単行本は是非ゲットしておきたいところですね。

 

嗅ぎつけたハウンドドッグ

今回の序盤のページに、雄英の森に近づいたジェントルと出久の匂いをハウンドドッグがスンスンと嗅ぎつけた描写がありました。

救援はないという見立てをしていましたが、間違いなく一人は来てしまいますね。

せっかく熱くなってきているところですから、ある程度の決着がついてから現れるものと思われますが、どんな役割で来るのでしょうか?

 

決着の着き方次第ですが、倒したジェントルを拘束しておいてくれるのか、和解したジェントルを見逃してくれるのか。

あるいは粋な計らいを見せて文化祭が終わるまで学校側へは知らせないでおいてくれるのか。

いずれにせよ激闘の結末を左右するキーパーソンになるのは間違いなさそうです。

 

ダンスをクビになっていてよかった

端から無傷で終わるとは思っていませんでしたが、ヴィランとの戦闘でもないのにここまで出久がボロボロになるとは予想外でした。

それを思うと、ダンスメンバーをクビになっていて正解でしたね。

このまま文化祭を守り通してA組の出し物に参加できたとしても、人前でダンスを踊れる状態ではないですから。

 

また出久がダンスメンバーとして舞台に立つことに固執していたら文化祭はジ・エンドだったということで、芦戸の判断もジェントルを止める遠因ということですね。

ただこうなるとこの後、学園に戻った後にA組メンバーや教師陣、エリちゃんやミリオとどう絡むのか全く想像ができません。

戦いの行方があらかた見え始めた今、次の興味は再びそうした出久の文化祭での立ち回りに移ったわけですが、本当にどうなるのか全く分からなくなってきました。

文化祭を予定通り開催することと同じぐらいA組の出し物も大事にしている出久のこと、やせ我慢で青山とのタッグに臨むというのが普通でしょうけど、果たして?

 

ヒロアカ179話ネタバレのまとめ

今回は僕のヒーローアカデミア179話のネタバレを紹介しました。

ラブラバの個性という最終手段を使っても一向に出久を退けることができない状況に、次第に苦い過去を掘り起こされてしまったジェントル。

若かりし頃の苦い記憶を思い出し完全にクールさを失ったジェントルは荒々しい攻撃を仕掛けますが、一方の出久も、ヴィラン退治の時のような敵意抜きでジェントルにぶつかっていきます。

すでに迷惑な人とヒーローという構図ではなく、夢を追う男同士という構図となった2人の知られざる戦いは、いよいよ佳境を迎えます。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です