【ヒロアカ】176話のネタバレでジェントルの個性と緑谷の新技がお披露!

僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)176話のネタバレの要点をこちらにまとめました。

幸か不幸か、文化祭開催直前の邂逅となったジェントルと緑谷出久。

警戒態勢がより一層強化される文化祭の期間を狙い、雄英への侵入を果たさんとする身勝手なジェントルに対し、雄英全生徒と全教師の想いを背負った出久の怒りが爆発します。

「僕のヒーローアカデミア176話のポイントを押さえて内容を知りたい」というあなたはこちらからどうぞ!

スポンサーリンク

ヒロアカ176話ネタバレの要点まとめ

 

ジェントルの個性

出久の鋭い考察と追求によって、戦闘と撮影の開始を余儀なくされたジェントルは、大仰に外套を脱ぎ、これまた大仰に口上を述べます。

考えを巡らせ、救援も話し合いの余地もなしと判断した出久は、問答無用でフルカウルを発動し、飛び掛かります。

しかし、あらゆるものに弾力性を付与するジェントルの個性により、前面の空間に弾力の壁を張られ、出久はワンフォーオールのパワーをそっくり跳ね返えされてしまいます。


(堀越耕平「僕のヒーローアカデミア」176話より引用)

 

緑谷の新技が炸裂

逃げるジェントルを追う出久は、再びジェントルの個性にハマり、空中に放り出されてしまいます。

不安定な空中で判断に迷う出久は、クラスメイトたちの想いとアドバイスを思い出し、発目明の新サポートアイテムのグローブの力も借り、新技の空気砲を繰り出します。

 

「デラウェアスマッシュ・エアフォース」が的確にジェントルの背中を捉えます。


(堀越耕平「僕のヒーローアカデミア」176話より引用)

 

市街地決戦激化

落下途中に電柱を蹴って一気にジェントルに接近した出久。

なんとしてでも雄英文化祭に忍び込みたいジェントルも、その熱意に意気揚々と応えます。


(堀越耕平「僕のヒーローアカデミア」176話より引用)

 

互いの想いと肉体をぶつけ合い、緑谷とジェントルは建設中の鉄骨の中へ突っ込みます。

スポンサーリンク

ヒロアカ176話ネタバレの考察

僕のヒーローアカデミア176話を読んだうえでの考察をまとめておきます。

 

やっぱり空気砲でしたね

アイアンソールが半ば引退となった状況で、早速ロールアウトとなった真サポートアイテムのグローブ。

機能について様々な憶測が飛び交いましたが、「空気砲」ということが明らかになりました。

相手への脅威の増加はもちろんのこと、市街地への配慮も忘れていない出久らしい考えによって付与された、風圧に指向性を生み出す機能。

指の付け根についている空気穴から直接噴出するわけではありませんでしたが、ついに出久にも遠距離攻撃が選択肢に追加されました。

轟や爆豪、上鳴や常闇、そして先代のオールマイトなど、ロマン溢れる遠距離攻撃を持ったヒーローが多く、是非とも出久にも! と心待ちにしていたファンも多いことでしょう。

 

ただ、自由度の高い風圧の獲得により戦闘の幅が大きく広がったものの、まだまだ威力不足は否めないようです。

前面の7倍近い耐久力を持つ背面に当たったとはいえ、直撃したにも関わらずジェントルへのダメージはほぼ皆無。

かなりの距離があったことと、技自体がまだ発展途上であることを差し引いても、おっさん1人を一撃で沈められない技はヒーローとしてちょっと物足りません。

また現状連発できる技でもないようですし、今後の課題は威力アップと運用方法の見直しになりそうです。

やっぱり肉弾戦の主体にしていくと決めた「足」の出番なのでしょうか?

 

意外に戦闘慣れしているジェントル

激しい戦闘の幕が開けたましたが、早速不可解な点が一つありましたね。

それはしがない〇―チューバ―でしかないジェントルに備わっているはずのない高い戦闘能力です。

外套を脱ぐ動作によって個性の発動を隠し、出久相手に華麗なミスディレクションも成功させてみせるなど、戦いの勘はこれまで登場した歴戦のヴィランのそれです。

初登場時に、コンビニ強盗を一掃したシーンにその片鱗がないわけではありませんでしたが、まさか16歳に数々の凶悪ヴィランとの死闘を経験している出久を翻弄するほどとは。

 

高い戦闘能力と勝負勘、やけにヒーローを意識した動画内容、社会への警鐘というヒントから、もしかしたらかつてはヒーロー側の人間だったのでしょうか。

あるいは、秘密裏に出動していた警察の特殊部隊的なものに所属していて、何かの事件をきっかけにフリーとなったといった感じなのか。

いずれにせよその辺の過去話は、出久との戦闘が佳境に入った頃に語られそうです。

無意識に相手に過去や動機を告白させてしまう出久の性格と、おしゃべりなジェントルの性格のこと、自然と過去を掘り下げる流れになりそうですね。

 

勝負の行方はどうなる?

空気にも弾性を与えられるジェントルの個性は、近接格闘と空砲でしか戦闘のしようがない出久にとって、かなり相性の悪そうな相手です。

まだまだ未完成の瞬間20%出力の発揮、そして市街地での戦闘ということで、足での風圧は使わないと見られ、戦闘はもう2話ほどもつれそうです。

激闘の末に雄英文化祭全体を守り通すことはできても、ジェントルとの戦闘で満身創痍となった出久はダンスに参加できなくなり、クラスメイトとエリを失望させてしまうという流れが有力でしょうか。

あるいは、出久の熱意と熱量に感心したジェントルが2人の戦闘動画で撮れ高十分として自ら手を引くのか。

いずれにせよ、例のごとく出久は無事では済まないと思われるため、A組の出し物には何らかの影響が出てしまうのではないでしょうか。

これまでの厳しい過去を思えば、なんとか文化祭くらいはハッピーな終わり方をしてほしいものですが。

 

ヒロアカ176話ネタバレのまとめ

今回は僕のヒーローアカデミア176話のネタバレを紹介しました。

なんとしても雄英文化祭への侵入を成功させたいジェントルと何が何でも雄英文化祭そのものを成功させたい出久、2人の熱意が激しい火花を散らせます。

ものに弾力性を持たせるジェントルの強力な個性と戦闘能力に対し、発目明より受け取ったばかりのサポートアイテムを使った新技で対抗する出久。

雄英のすぐそばで繰り広げられる市街地での激闘は、一体どんな結末を迎えるのか。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です