【ヒロアカ】190話のネタバレでヴィラン連合の荼毘が襲来!?

スポンサーリンク

僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)190話のネタバレの要点をこちらにまとめました。

すでに満身創痍ながらも神野でのオールマイトのように限界を越えて立ち上がり、脳無ハイエンドに食い下がるエンデヴァー。

共闘によってついに脳無を倒した2人の元に、新たな脅威が襲来します。

「ヒロアカ190話のネタバレ要点をサクッと知りたい」というあなたはこちらからどうぞ!

スポンサーリンク

ヒロアカ190話ネタバレの要点まとめ

「ヒロアカ190話のポイントを押さえて内容を知りたい」というあなたはこちらからどうぞ!

 

根競べ

それまで簡単にエンデヴァーの攻撃を避けていた脳無でしたが、「ホークスの助けも借りて速さを増したエンデヴァーの拳を避けることができない」と判断し、拳に噛みつくことで防ごうとします。

さらには圧倒的な再生力と強さへの執着によってエンデヴァーの炎を耐え続ける脳無。

(堀越耕平「僕のヒーローアカデミア」190話より引用)

 

 

決着!

中継を見ていた焦凍らエンデヴァーの子どもたちは、あと一歩まで追い詰めながら攻め切れないエンデヴァーに声を上げます。

(堀越耕平「僕のヒーローアカデミア」190話より引用)

ホークスの助けによって人のいない上空へ行き、すでに限界の状態から最後の最大火力をぶつけ、脳無の再生力を上回る速度でダメージを負わせます。

 

新手現る

黒焦げになった2つの影が落下し、煙の中から現れたのは、右腕を突き上げるエンデヴァー。

そばに駆け寄り、エンデヴァーの奮闘を称えるホークス。

しかし、

(堀越耕平「僕のヒーローアカデミア」190話より引用)

戦いを終えた2人の前に現れたのは、ヴィラン連合の1人、炎の個性を使いこなす荼毘でした。

スポンサーリンク

ヒロアカ190話ネタバレの考察

ヒロアカ190話を読んだ上での考察をまとめておきます。

 

荼毘さん登場

プルスウルトラでさらなる火力を引き出し、さらにはホークスの力も借りてようやく脳無を撃退した直後、脳無を仕掛けたヴィラン連合のお一人が颯爽と現れました。

思い返せば、脳無が命令者の同伴が無い状態で現れたことはありませんでしたね。

失念していました。

 

驚きの展開ではあるものの、よくよく考えてみれば自然な流れでもある今回のラスト。

もちろん挨拶だけをしに来たわけもなく、この後再び戦闘に入るのは必至です。

 

しかし、エンデヴァーは炎のメイクもできないほどに個性を酷使した後で、ホークスも全ての羽を出し切ってしまっている状態。

バトル漫画では満身創痍からの連戦はよくある流れですが、ヒロアカでは珍しい展開です。

よくある流れとしては新しい力に目覚めるか、仲間が助けに入るか、あるいは痛み分けのような形で負けるかといったところです。

個人的には3つ目になりそうな気がしています。

 

そして、同じ炎の個性を持つことと、合宿を襲撃した際の轟くんへの発言などから、過去にエンデヴァーと一悶着あったことは予想されていましたが、このタイミングでニヤニヤしながら現れるあたり、やはり復讐を考えていたことは明白。

戦闘というか、一方的に荼毘が2人をいたぶって終わる雰囲気さえあります。

脳無登場時よりも危険なこの状況に、2人のヒーローはどう対処するのでしょうか。

次回の冒頭はとりあえず荼毘の能書きから始まりそうですが、果たして?

 

ちなみに「荼毘の正体は、轟の兄弟なのでは??」という予想があります。

詳しくは、「【ヒロアカ】轟の兄弟が荼毘と予想されている理由」にまとめているので、そちらをご覧ください。

もしこの予想が正しいとしたら、次回で真相が明らかになりそうですね。

 

地元ヒーローたちの出番?

そんなトップ2ヒーローの状況に、今度は地元にいるヒーローたちの出番となるのでしょうか。

怪物相手では実力差がありすぎて助太刀にもならなかったけど、たった一人のヴィラン相手なら総出でかかればなんとかなるという気概になるのではないでしょうか。

それに先にも書いたように、戦いを終えたところに次なる敵が来た時の定石としては助太刀が入るものです。

 

周囲にいたヒーローたちが束になってかかる。

あるいは、実はホークス以外にも地元出身の強力なヒーローがいて、たまたま帰省していて助けに来る、とか。

それか大穴で、ガチ勢の子が側まで来てもう一度エンデヴァーが立ち上がるのか。

もういっそ、エンデヴァーを笑いに来ただけであってほしいものですが、きっと次週攻撃し始めるんでしょう。

 

なんにしろ、せっかく新時代の2トップとして2人が最初の仕事を果たした直後なのに、またしてもヴィラン連合だけに美味しい展開となってしまうのはさすがに無い気がします。

市街地での戦いのハンデを背負っていたわけですから、今度はその恩恵を受けても良いはず。

雄英の人達は珍しく完全に見守るだけの立場にいる今、雄英の助け以外に次に何が起こるのか注目です

 

脳無ハイエンドの過去

初登場の時にオールマイトと戦った脳無を捕らえた際に体を分析した情報が出て以降、新しい情報がほとんどありませんでしたが、今回はなにやら進展が期待できそうな敵でしたね。

なにしろ喋っていましたし、エンデヴァーによって倒される直前、強さに固執する謎を残していきました。

誰かヒーローを目指していた人が合成されているのかもしれません。

 

ヒーローゆえの我の強さが残ったのか、あるいは単純に技術が進歩したから知能を残せたのかは不明ですが、間違いなくとてつもなく非人道的で、悲劇的な過去があるに違いありません。

戦いの中でエンデヴァーも「道を誤った自分」と言っていたくらいですからね。

今回の喋る脳無はエンデヴァーの攻撃によって黒焦げになってしまいましたが、わずかに残った再生力で解剖ができるくらいには治っているのではないでしょうか。

そんなハイエンドをなんとか回収し、そこから新たな情報が入ることに期待です。

ただ、それもこれも今の荼毘登場の窮地をなんとかしてからの話になりますが。

スポンサーリンク

まとめ

ヒロアカ190のネタバレを紹介しました。

ホークスと力を合わせて攻撃を頭部に当て、脳無の最後の抵抗にあったものの、エンデヴァーのプルスウルトラなど根性によりついに脳無ハイエンドを打ち倒しました。

エンデヴァーが新たなトップとして、脳無の中にあった強さへの執着、そして話せるほどの知能を得た謎が明かされることなど、今後の楽しみが増えたところへ。

 

まさかというか、やっぱりというか、ヴィラン連合が登場しました。

しかも、相手はエンデヴァーと因縁浅からぬ様子の荼毘。

満身創痍のエンデヴァーと、個性の剛翼をほとんど失ったホークスはこの1ガッテム去ってまたガッテムな状況をどうするのでしょうか。

スポンサーリンク



1 個のコメント

  • ホークスの人たらし感が半端無い回でした。
    荼毘ちゃんはハイエンド脳無の組織回収人員だと思いたい。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。