【ヒロアカ】ケミィは死亡したのか考察

週刊少年ジャンプで大人気連載中の「僕のヒーローアカデミア」。

主人公の出久が所属するヒーロー科最難関校の雄英高校と対をなすのが士傑高校です。

東の雄英、西の士傑と言われるだけあって、士傑生の実力は雄英生と拮抗しているとみていいでしょう。

 

そんな士傑高校でも異彩を放っていたのが「ケミィ」と呼ばれていた女子生徒です。

仮免取得試験第一次試験において、ケミィーは出久に華麗な身体能力を見せつけます。

 

しかし、ケミィーの正体は「敵連合の渡我被身子(トガヒミコ)」だったのです!

ヒロアカ作中では、試験の3日ほど前からケミィーは「トガ」と入れ替わっていたことから、ヒロアカ読者からはその安否が話題となっています。

スポンサーリンク

ケミィとは

  • 個性:不明
  • 士傑高校の女子生徒
  • 特徴はブラウンのロングヘア―と厚めの唇

 

お茶子に変身していたことから、それがケミィの個性だと思われていました。

試験が終わった途端に姿を消してしまったケミィ…。

果たして、本物のケミィはどうなってしまったのでしょうか?

「ケミィは生きているのか?それとも死亡してしまったのか?」を考察してみました。

 

トガの個性から考察

トガの個性は「血液を採った人物に変身できる」個性。

採った血液と変身できる持続時間は比例し、大体コップ1杯で1日変身できます。

仮免取得試験の3日前くらいからケミィの様子はおかしかったようですから、少なくともケミィはコップ3、4杯分の血液を採取されていると考えられますね。

それだけだと失血死には満たないので、ケミィが生きている可能性は捨てきれません。

 

仮免補習組から考察

仮免取得試験においては、第一次試験をクリアしたものの惜しくも第二次試験を突破できなかった者に対して補習を行なっています。

雄英からは轟と爆豪、士傑からは夜嵐イナサが補習を受けています。

イナサは1年生にして仮免取得試験を受けた優秀な人材で、2年生であるケミィとも知り合いであったようです。

彼は轟と確執があり、試験を経て態度が緩和したとはいえ、まだまだ仲が良いとは言えない状態です。

 

しかし、オールマイトを失くした現在のヒーローは協力や連携による敵退治を求められており、イナサと轟・爆豪は何かと絡む機会も多いのではないでしょうか。

雑談をする仲にまで発展するかは怪しいですが、同じく仮免を受けていた先輩が消息を絶っていたならば、そのことを轟や爆豪に話していても不思議ではありません。

仮にイナサがケミィの失踪をふたりに話していたとすれば、出久との仲が最悪に過ぎる爆豪はともかく、轟は出久に話していてもおかしくはないのです。

 

しかしながら、インターンのドタバタでそんなことを話す暇がなかったといえばそれまでですし、イナサがケミィについて話すかどうかも微妙なところですね。

そもそも、ケミィの失踪を、イナサどころか士傑が把握しているかも怪しいのです。

スポンサーリンク

仮免試験後の展開から考察

仮にケミィが死亡していたとすれば、士傑では大騒ぎになっているはずです。

東の雄英の体育祭優勝者である爆豪が敵連合に攫われた記憶も新しいのですから、当然ケミィの失踪は敵によるものだと考えられるでしょう。

多数の有望なヒーロー候補を抱えているはずの士傑も、何度も襲撃を受けている雄英ほどではないにしろ、敵の動きには神経を割いているはずです。

雄英と士傑の学校間の仲は分かりませんが、敵相手にヒーロー側で内輪揉めしている場合でもないでしょうから、ケミィが失踪していれば雄英にもその情報は共有されるのが妥当です。

 

トガに血を抜かれ拘束されていたケミィが、仮免試験後に解放され士傑に戻ったとするならば、もっと大問題になっているはずです。

この場合にもメディアによる報道や雄英との情報共有は避けられないでしょう。

出久たちが知らないはずがないのです。

しかし、出久はインターンでトガに再会するまで、仮免試験の際のケミィがトガであることに気づいていませんでした。

 

そう考えると、ケミィが何者かに成りすまされたこと、あるいはケミィの失踪は、士傑高校にすら把握されていないことになります。

トガが仮免取得試験の3日ほど前から現時点までケミィに成りすましているならば、士傑高校が事態を把握していないことにも頷けますが…。

そもそも、ケミィの成りすましがトガの独断によるものであり、その後トガが死穢八斎會へ出向していることから、士傑に毎日登校するのは物理的に不可能かと思われます。

 

しかし、雄英と対をなすほどのヒーロー養成学校である士傑に潜り込むことは、敵連合にとっても有益です。

トガは怪しまれない範囲で欠席しつつ、時折「ケミィ」として登校している可能性もありますね。

その場合、生かしておく意味もありませんし、トガの変身の日数から考えて、間違いなくケミィは失血死しているでしょう。

 

ケミィ内通者説

本物のケミィが、そもそも士傑高校に潜り込んだ「内通者」だったという線もなきにしもあらずです。

仮免試験の際に出久の血を採るためにトガが内通者・ケミィと入れ替わり、トガが目的を達成したあとはケミィが再び士傑での内偵を行なっているということです。

雄英では内通者の存在が示唆されているわけですから、士傑にも敵の手の者が居てもおかしくはありません。

この場合は本物のケミィは生存しているということになります。

 

仮免試験後も問題なく学校生活を送ることになるので、誰も怪しまないでしょう。

2年生であるケミィが内通者となると、士傑の情報漏洩は甚大そうですが……。

しかし、採血するだけなら、正体がバレるリスクを冒してまでトガがケミィに成りすます必要は無さそうですよね。

 

また、ケミィが内通者だとすれば、仮免試験に潜り込んでいたトガの居場所を敵連合が把握していないのは不自然な気もします。

破綻気味のトガはともかく、ケミィに内通者をつとめるほどの慎重さがあれば、リスクを考えてリーダーである死柄木に話を通すのが自然です。

そう考えると、ケミィ内通者説は無くは無いですが、可能性としては低いですね。

 

ケミィの安否は?

今までの考察を踏まえると、やはり「ケミィは死亡している可能性が高い」です。

ケミィが元々内通者でない限り、トガにはケミィを生かしておく理由がありません。

トガは身体能力に非常に優れ、特殊な体術も身につけているようですから、ケミィの血を採り殺すことは容易いでしょう。

士傑や雄英、世間で騒がれていないのは、士傑が事態を敵によるものだと認識していないか、トガが成りすましを続けているからですかね。

 

まとめ

しかしながら、本当のケミィの性格や個性も知りたいですし、ケミィーは生きていてほしいところです。

士傑高校の生徒にも、こんなに若いうちから仲間を失うという経験をしてほしくないものです。

 

インターン編にて、出久はとうとう仮免試験の際のケミィの正体がトガであったことに気づきます。

よってインターン編が終われば、否が応でもケミィの安否や正体が確認されることになるでしょう。

ヒロアカの今後の展開が見逃せませんね!

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です