【ハンターハンター】明らかになっているカキン王子の念獣を一覧形式でまとめてみた

スポンサーリンク

ハンターハンターに登場する数多くの念獣たち!

その中でも、「14人のカキン王子たちに寄生する念獣」を一覧形式でまとめてみました。

スポンサーリンク

念獣とは

念獣とは、カキン王家に代々伝わる儀式「壺中卵の儀(こちゅうらんのぎ)」から産まれた守護霊獣のことです。

「壺中卵の儀(こちゅうらんのぎ)」とは、ハンターハンター第349話『蠱毒(こどく)』で紹介された儀式で、カキン家に代々伝わる壺に血の継承を証し、王即位への思いを念ずることで特別な能力が授かると信じられている儀式です。

古文書によると、この壺は、初代カキン王が蠱毒から発想を得て具現化したものとされており、「壺中卵の儀」を終えたモノたちは、壺の力で、強制的に念能力を開花させ、自動的に自分を守る霊獣を自覚のないままに育むことになるようです。

念獣の特徴をまとめるとこんな感じ。

  • 宿主の人となりに影響を受けた形態や能力が具現化
  • 宿主のオーラを糧とする
  • 宿主には寄生されている自覚はない
  • 宿主の意思で操作することはできない
  • 宿主を守るモノもあれば、攻撃するモノもいる
  • 念獣同士は殺しあわない
  • 念獣の憑いた人間を直接攻撃しない

 

ちなみにカキン帝国の現国王であるナスビ=ホイコーロの念獣がこちら。

かなりグロテスクなデザインで描かれていますね。

スポンサーリンク

念獣が原因となった事件

念獣の形態や能力が宿主の「オーラの系統」を受けるかどうかについては、詳しいことは明らかになっていませんが、念獣が宿主の意思では操作できずに、自覚のないまま動き回ってしまうため、船内ではいろいろな事件が起きています。

念獣が原因で起きた事件としては、ハンターハンター第359話『出航』において、14王子のワブルの護衛をしていたウッディーほか数名が、全身の血を抜かれて死亡した事件。


出典:http://honyakutyuihou.hatenablog.com/

その他にも、第361話『辞退』では、同じくワブルの護衛がナイフを振り回して暴れるなどの事件が起きています。

もともとワブル王子の護衛は11人いましたが、この2つの事件を機に、クラピカと念獣を見ることができるビルの2人に減ってしまいました。

スポンサーリンク

カキン王子の念獣一覧

 

第1王子 ベンジャミン

全王子の中で唯一の念能力者であり、筋骨隆々で、血の気が多い自信家。

ライオンを締め付けるような描写もあります。

 

ベンジャミン寄生しているのは「エイリアン」のような念獣。

 

第2王子 カミーラ

自身のことを『カミィ』と呼び、自己中心的で、プライドの高い女性です。

「世界中の人間をカミィの思い通りに動かしたい。」
「願っただけで実現しないなんて、どれだけ理不尽なのかしら!!」
~第2王子 カミーラ~

 

カミーラに寄生しているのは、「木に乳房がなった」ような念獣

 

第3王子 チョウライ

念については無知。チョウライの護衛ついているモノたちも、念能力について知っている者はいません。

チョウライに寄生しているのは、盾のような念獣。

盾の真ん中部分の表情が微妙に変わる・・・。

 

第4王子 ツェリードニヒ

表面上は、知性と常識を兼ね備えた「優秀な人格者」を振舞っているものの、人体を収集するなど異常性が際立つ人物です。

「緋の目」を大量に所持しており、特にそのなかでも貴重とされる「クラピカの親友パイロのものと思われる頭部付きの緋の目」を所持していると言われています。

兄である第1王子のベンジャミンとは仲が悪く、殺意を抱かれています。

 

ツェリードニヒに寄生しているのは、「体が馬で顔が人」の念獣。

 

 

ツェリードニヒの念獣は「キモい!」と話題に!

 

第5王子 ツベッパ

見た目は男性ですが「オネエキャラ」のよう・・。

第1王子ベンジャミン、第2王子カミーラ、第3王子チョウライの3人を非難しており、第4王子ツェリードニヒに「共闘」を持ちかけています。

 

ツベッパに寄生しているのは、「カエルに車輪」がついた念獣。

 

第6王子 タイソン

プライドが高く、イケメン男性を部下にしています。

クラピカの師匠であるイズナビが「警護ハンター」として就いています。

 

タイソンに寄生しているのは、ワブルの部屋に現れたヤモリのような念獣。

 

第7王子 ルズールス

人格等の詳しいことはまだ描かれていません。

警護には、「警護ハンター」として、ノストラードファミリーのバショウが就いています。

 

ルズールスに寄生しているのは、巨大化した昆虫のような見た目の念獣。

 

 

第8王子 サレサレ

 

サレサレに寄生するのは、「球体に複数の口」がついたような念獣。

 

第9王子 ハルケンブルグ

王位継承戦から離脱することをナスビ・ホイコーロ国王に伝えたときに登場したハルケンブルグに寄生する念獣。

 

第10王子 カチョウ

寄生する念獣は、現在のところ不明。

 

第11王子 フウゲツ

寄生する念獣は、現在のところ不明。

 

第12王子 モモゼ

モモゼに寄生するのは、「大型のネズミ」のような姿の念獣。

 

第13王子 マラヤーム

寄生する念獣は、現在のところ不明。

 

第14王子 ワブル

寄生する念獣は、現在のところ不明。

ただ、ワブルのオーラがヤバイみたいな描写が・・。

ワブルの念獣ってどんな念獣になのか?

スポンサーリンク

念獣が次の王子を決める!?

いまだ明らかになっていない念獣もいますが、そもそもなぜ念獣をカキン王子たちにつけたのでしょうか?

後方支援に長けた霊獣が深謀遠慮の才溢れる王に憑くことで灼たかとなるホイコーロ一族の運命
~カキン王国国王 ナスビ・ホイコーロ~

その理由を、カキン王国国王は、「フォローする力がある念獣が、次のカキン国王としてふさわしい王子に寄生することで、ホイコーロー族は繁栄していく」と説明しています。

つまり、カキン王国の王位継承戦は、「素晴らしい念獣を持ったカキン王子」が選ばれるということでしょう。

はたして王位継承にふさわしい念獣を持つ王子とは・・・

スポンサーリンク

まとめ

以上、現時点で明らかになっているカキン王子たちの念獣一覧でした。

カチョウ、フウゲツやマラヤームには、いったいどのような念獣が寄生しているのか!?

そして・・・、ワブルの部屋に現れた龍やクラゲ、いも虫のような念獣の持ち主は、いったい誰なのか?

今後の展開に期待しましょう~!

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。