ダンジョン飯ネタバレ第3話『ローストバジリスク』

スポンサーリンク

ダンジョン飯第2話のネタバレ

ダンジョン飯ネタバレ第2話『タルト』

2017.06.20

スポンサーリンク

ダンジョン飯ネタバレ第3話『ローストバジリスク』

前回のメインは人喰い植物の木の実を使ったタルトでしたが、今回は何やら動物のようなタイトルですが一体どんな料理でしょうか。

場面はマルシルの悪夢からスタート。

 

本日のメイン食材は…?

幼い日の夢を見るマルシル。

いい匂いに誘われて厨房をのぞくと、マルシルのお母さんと思わしき女性が『あなたの大好物ばかりよ』と笑顔を見せます。

マルシルは喜んで食卓につきますがそこには数々の魔物料理が・・・・

 

といったところで目が覚めますが・・・、

現実世界でもいい匂いが漂ってきます。

 

なんと別のパーティが近くで塩漬けの豚肉を炙ってパンに乗せて食べています。

マルシルはかなりうらやましそうにのぞき込みます。

そこにセンシがやってきて、最近の若者は栄養バランスがなってない~という話に。

センシ『栄養不足は魔物より恐ろしい』

ちなみに本日の朝食は昨日の残り(人喰い植物の実)です。

お隣のパーティとは似ても似つかぬ内容です。

 

しかし、センシたちも十分な栄養バランスとは言えません。

昨日はサソリ鍋と人喰い植物の木の実、どちらも栄養価は高いものの、脂肪分が足りていません。

 

ということで今回は、脂肪分豊富な魔物かつ、完全栄養食の卵をも同時に入手できるあの魔物を狙いに行きます。

その名も・・・・

蛇の王バジリスク。

胴は鶏、尾は蛇、その牙と蹴爪には猛毒を持つ魔物です。

(鳥ではなく蛇の王なんですね。)

 

ライオス
『かっこいいよなー。今まで家禽としか認識できなかった鶏の魅力にも気付かせてくれた。シンプルだが奥深い組み合わせだ。』

ライオスは、もう少し深層に棲んでいる、コカトリスという同じ尾蛇族とバジリスクを食べ比べるのが長年の夢だったと告白します。

食べ比べが実現するのは、もう少し先のお話です。

 

 

というわけで、バジリスクの巣を探す一行です。

バジリスクは鶏のように2、3日おきに無精卵を産むと言われています。

 

木の葉の陰に落ちている卵を発見したセンシ。

こっそり持って行くことに。

 

そうこうしていると、近くでバジリスクの威嚇音とともに人間の悲鳴が聞こえてきました。

音のした方に目を向けると、先ほど豚肉を食べていたパーティが襲われています。

マルシルに促され助けに入ったライオスですがその方法は…

 

バジリスク捕獲!

手足を広げて体を少しでも大きく見せ、大きな声を出して威嚇しています。

これだけで真っ先に距離をつめられることがなくなるそうです。

 

その隙にセンシが背後から近付いて攻撃を仕掛けます。

バジリスクが混乱した隙に二人で両側の首を切り落とし、見事に勝利!!

 

襲われていたパーティのひとりは蹴爪の毒を浴びてしまったようで、センシが解毒材を入れた昼食を作ってくれることに。

 

センシ『毒消しは単体で食べるより料理したほうがうまい』

マルシル『じゃあ早く!早く作って!』

センシ『?まだ昼食には早いだろう』

マルシル『全然早くないです!』

病人を目の前にどこかズレているセンシを、マルシルとライオスでなんとか説得して料理を始めてもらいます。

足と尾を切断し、軽く湯がいて羽根をむしると、見慣れた鶏肉のような姿に。

内臓を取り、香辛料をすりこむ。

一晩ほど寝かせると味が整うらしいですが、毒を浴びた彼が死にそうなので今すぐ焼きましょう!と焦るマルシル。

 

詰め物の野菜と香草を準備し、みじん切りにし腹に詰めて切り口をしばる。

肉に串を通してじっくりロースト。

肉と卵の一部は燻製に、尾はスープにしようとウキウキするセンシをマルシルは白い目で見ています。

モ〇ハンのような焼き方です。

 

ライオスは、あのパーティの心配をしています。

ライオス『仲間の様子はどうだ』

女の子『さっきまで発熱してたのがだんだん冷たくなってきて……』

ライオス『それはまずい とりあえず火の近くに』

そういって↑の火の元に病体を運びます。

スポンサーリンク

『ローストバジリスク』 完成!

いつも謎の歓声が書き込まれていますが、今回は「あぁ~」です。

マルシルがお肉を運んでいきます。

 

毒を浴びてしまったひと『…に 肉汁が……良く出ておいしいです』

 

死にそうになりながら感想を言ってくれました。

解毒作用が効いてきたようで、顔色が少し良くなっています。

ライオスたちもお肉をいただくことに。

 

マルシル『うまっ』

チルチャック『さすがに味は鶏肉そっくりだな』

 

マルシルは一応、回復魔法もかけてあげています。

優しいですね。

 

食事を終えた後、助けられたパーティがどうすれば魔物を料理できるくらい(?)強くなれるのかと聞いてきます。

 

これにはライオスを差し置いて、ものすごい勢いでセンシが答えます。

 

 

センシ
『まず食生活の改善!!生活リズムの見直し!!適度な運動!!その3点に気を付ければ自ずと強い身体は作られる!!』

他のメンバーは呆気にとられていますが、かなりまともなことを言っています。

彼らと別れ、ライオス一行はさらに地下を目指して出発します。

 

チルチャック『アドバイスを求められるなんてな よっベテラン冒険者!』

ライオス『照れくさいなあ』

センシ『♪』

マルシル『……何か違うような』

 

(ちなみにこの後あのパーティは、人喰い植物に挑んで絶滅したようです。)

第4話に続きます。

ダンジョン飯ネタバレ第4話『オムレツ』

2017.06.20

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。