【東京喰種:re】143話のネタバレでカネキがほぼ死亡状態に!次回ついに最終回か!?

スポンサーリンク

東京喰種:re143話のネタバレが公開されましたが、なかなか衝撃的な展開となっていましたね!!

主人公のカネキはほぼ死亡状態で、次の144話でもしかすると最終回となるかもしれません。

スポンサーリンク

カネキVSジューゾーの最強対決

月山たちと共に食糧班として外に出ていたカネキですが、第六感で旧多の作戦に気づき、黒山羊のアジトに戻って来る。

現最強の捜査官であるジューゾーと戦い、寸前のところまで追い詰められたヒナミのピンチに颯爽と現れたカネキ。

そのまま現最強の捜査官であるジューゾーとのバトルとなります。

出典:東京喰種:re143話

 

ジューゾーと部下の半兵衛は本気モードということで、アラタを装着する。

出典:東京喰種:re143話

 

対するカネキも赫子で全身をまとい、赫者となる。

出典:東京喰種:re143話

 

有馬貴将と戦い、隻眼の王となって以降良い活躍のなかったカネキでしたが、「ここでやっとカネキの活躍を見れるのか!!」と思っていました。

ところが・・ところがですよww

スポンサーリンク

隻眼の王のカネキさんが一瞬でダルマにww

次のページでは一切の戦闘シーンが描かれることなく、手足をもがれダルマと化したカネキさんが描かれることとなりましたww

出典:東京喰種:re143話

 

主人公の戦闘シーンが一切なく半死まで追い込まれる漫画っていまだかつてあったのでしょうかww

こんな鬱展開も東京喰種ならではといったところなのか。

 

戦ったジューゾー&半兵衛もかなり重症の模様。

出典:東京喰種:re143話

 

カネキにはさらなる絶望のお知らせが待っており、0番隊のメンバーはハジメによって殺害されてしまっていたようです。

出典:東京喰種:re143話

 

そして、先に逃げたトーカたちの動きも旧多に読まれてしまっていたようで、CCGに囲まれてしまう。

出典:東京喰種:re143話

 

カネキにとってはバッドエンド以外の何物でもありませんww

やはり、東京喰種はカネキの悲劇を描いたストーリーで幕を閉じるのでしょうか??

 

東京喰種:reは144話で最終回!?

今回の東京喰種:reが143話でしたが、もしかすると144話で最終回を迎える可能性もありますね

143話のラストに「次号エンドロール」とありましたし、無印の東京喰種は14巻で終了だったので、「東京喰種:reも14巻で完結するのでは??」ともともと言われていました。

今終わるとおそらく14卷で完結しますからね。

可能性としてはありそうです。

 

ただ、ここで完全終了はさすがに許されないでしょうから最終回となると第3部に突入という流れになるかと思います。

第3部に入ったとしてありそうな展開としてはこんなところでしょうか??

 

カネキの子供が主人公でスタート

トーカがカネキとの子を授かっていましたが、その子供が主人公としてリスタートという展開はありがちです。

トーカとの子作りは第3部への布石だったのかもしれません。

 

瓜江目線でスタート

もう一人の主人公候補が瓜江。

瓜江は、ヒデの組織に誘われていましたが、その組織はまだまだ謎だらけ。

なので、瓜江目線で話を進めつつ、ヒデの目的に迫っていくという展開も考えられます。

 

にしても東京喰種:re143話の展開は凄まじいものがありましたね。

144話でどうやって展開させていくのかとても楽しみなところです。

 

ただ、「143話のカネキは偽物なのでは??」という意見もありますね。

>> 【東京喰種:re】143話のネタバレでウタが赫子でカネキの分身を作った説が浮上

 

もう一点注目すべきポイントがこちら!

>> 【東京喰種:re】143話のネタバレで出た「コウリュウギ」とは!?竜の正体はカネキなのか!?

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です