【東京喰種:re】143話のネタバレでウタが赫子でカネキの分身を作った説が浮上

衝撃的展開となった東京喰種:re143話でした。

まさかカネキが一瞬にしてあんな状態となってしまうとはww

ただ、今回やられたカネキは「実は偽物なんじゃ??」という予想も出ています。

いったいなぜそのような予想が出ているのか、その理由をこちらにまとめておきます。

スポンサーリンク

一瞬にしてカネキがダルマにww

最強の喰種のカネキと最強の捜査官のジューゾーの戦いになりましたが、勝負はまさかの一瞬で決着。

カネキが敗北する形となりましたw

出典:東京喰種:re143話

 

まだ143話を見ていない人はこちらに軽くまとめているので、ご参考ください。

>> 【東京喰種:re】143話のネタバレでカネキがほぼ死亡状態に!次回ついに最終回か!?

 

ダルマとなったカネキは実は偽物という噂が

ジューゾーにあえなく敗北し、無力化されてしまったカネキですが、「実はあのカネキは偽物なんじゃ??」という噂が出ています。

その理由は143話のタイトルにあります。

 

143話のタイトルは、「ウタの優しさ」。

ただ、肝心のウタの優しさに該当する要素が話の中で一つも見当たりません。

 

そこで思い出してください。

「ウタは赫子で分身を作れる」ということを。

 

ドナートやウタは、自身の赫子で自分の分身を作れることが明らかになっています。

なので、「ウタの優しさとはカネキの分身を作ってあげたことなのでは??」という予想が出てきているわけです。

スポンサーリンク

個人的にはカネキは本物だと思いますが・・

ただ、さすがに今回やられたカネキが赫子で作られた分身という展開はないのかなと思いますが。

最強の捜査官であるジューゾーとほぼ互角の戦いを繰り広げたわけですから、分身でそこまでの強さを発揮できるというのもさすがにないと思いますし、あれだけ仲間の回想シーンを挟んでおいての偽物でしたというオチはさすがに許されないんじゃ・・。

 

と、いったところでダルマとなっているカネキは本物だと思いますが、ただそれでもタイトルの意味がまったく回収されていないというのは事実

ここは次回144話でうまく回収してくれるのでしょうか??

これからウタがどのように絡んでくれるのか楽しみなところです。

 

また、143話には他にも注目すべきポイントがありました!

>> 【東京喰種:re】143話のネタバレで出た「コウリュウギ」とは!?竜の正体はカネキなのか!?

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です